雪女 枯木 寒林 木の葉 紅葉散る

息吹掛く先は吾かな雪女

山の葉の散れば露はる枯木かな

寒林に鹿と視線を交はしをり

櫟山驚くかさの木の葉かな

涙涸る後にただ散る紅葉かな

——————————————————————————

いぶきかく さきはわれかな ゆきおんな  

やまのはの ちればあらわる かれきかな  

かんりんに しかとしせんを かわしおり  

くぬぎやま おどろくかさの このはかな  

なみだかる のちにただちる もみじかな  

——————————————————————————

~ the specter of snow-lady
~ insufflates to kill the unmarrigeable-aged man
~ i feel the cold breeze  
——————–
~ due to stripping leaves
~ deadwoods on this mountain
~ come into their full views  
——————–
~ i felt the weight of someone’s eyes in the woods
~ i watched their direction
~ there was a deer  
——————–
~ there are a lot of withered
~ oak leaves on the mountain
~ the amout is awful quantity  
——————–
~ i cried until no tears are left
~ in the meantime
~ leaves have been stripping calmly  

——————————————————————————
〔難読・難解語など〕   

ゆきおんな【雪女】: 雪の夜に雪の精が化して現れるという、白い衣を着、
白い顔をした女の妖怪。雪女郎。雪娘。雪の女。

参考: 小泉八雲 『怪談』 「雪女」のあらすじ

武蔵の国のある村に、茂作と巳之吉という2人の樵が住んでいた。茂作はすでに
老いていたが、巳之吉の方はまだ若く、見習いだった。ある冬の日のこと、吹雪の
中帰れなくなった二人は、近くの小屋で寒さをしのいで寝ることにする。その夜、
顔に吹き付ける雪に巳之吉が目を覚ますと、恐ろしい目をした白ずくめの美しい
女がいた。巳之吉の隣りに寝ていた茂作に女が白い息を吹きかけると、茂作は
凍って死んでしまう。
女は巳之吉にも息を吹きかけようと巳之吉に覆いかぶさるが、しばらく巳之吉を
見つめた後、笑みを浮かべてこう囁く。「おまえもあの老人(=茂作)のように殺して
やろうと思ったが、おまえは若くきれいだから、助けてやることにした。だが、おまえ
は今夜のことを誰にも言ってはいけない。誰かに言ったら命はないと思え」云々
以上wikipedia より  

——————————————————————————
(05dec11)  

■ 「日本ブログ村」の人気トーナメント(俳句投稿部門)に参加しています。ぜひ応援のほどを。
■ 日本リーバの東日本大震災義援事業の拡散に協力しています。

ホームのトップへ戻る

Advertisements

About 池ノ内 孝    Takashi (Kou) Ikenouchi
a haiku poet (俳名:秋村 [Shūson]), an actor, pure-Japanese, Tokyo Japan

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s