末黒 焼原 涅槃西風 春の雲

夕映えの不動過ぐれば末黒かな

焼原に保寿ばかりの雉子鳴く

吹けよ吹けうれしかりけり涅槃西風

春の雲行けど尽きせぬ余波かな

——————————————————————————

ゆうばえの ふどうすぐれば すぐろかな  

やけはらに ほうじゅばかりの きぎすなく  

ふけよふけ うれしかりけり ねはんにし  

はるのくも ゆけどつきせぬ なごりかな  

——————————————————————————

~ there was beautiful sunset in the air
~ as it was bunted away by Cetaka
~ devastated land had laid on the earth  
——————-
~ a pheasant that escaped from death
~ is howling with crying the blues
~ because of it was due to survive  
——————-
~ Favonius, the spring west
~ many people tend to say that it takes me to paradise
~ blow, blow against me, please  
——————-
~ some spring floating clouds
~ are drifting in the air
~ as many of us drift through life without a purpose  

——————————————————————————
〔難読・難語など〕

すぐろ「【末黒】: (「すえぐろ」の変化)春の野焼きのあと、草木の先が
黒く焦げ残っていること。また、その草木。  

ふどう【不動】: 不動明王。仏語。五大明王・八大明王の一で、その主尊。
大日如来が、いっさいの悪魔・煩悩を降伏させるために化現した教令(きょう
りょう)輪身で、忿怒の相をとる。形相は色青黒く獰悪(どうあく)で、眼を怒らし、
左は半眼、額に水波の相があり、右牙を上、左牙を外に出す。また右に
降魔の剣を、左に羂索(けんさく)も持ち、火焔光背を背に岩上または瑟瑟座
(しつしつざ)に座している。種々の煩悩・障害を焼き払い、悪魔を降伏して
行者を擁護し、菩提を成就させ、長寿を得させるという。日本では平安初期
の密教の盛行とともに尊崇され、今日に至る。不動尊。  

ねはんにし【涅槃西風】: 陰暦二月一五日の涅槃会の前後に吹く軟風。
俗に、浄土からの迎えの風といわれる。ねはんにし。  

——————————————————————————
(07feb12)  

■ 「日本ブログ村」の人気トーナメント(俳句投稿部門)に参加しています。ぜひ応援のほどを。
■ 日本リーバの東日本大震災義援事業の拡散に協力しています。

ホームのトップへ戻る

Advertisements

About 池ノ内 孝    Takashi (Kou) Ikenouchi
a haiku poet (俳名:秋村 [Shūson]), an actor, pure-Japanese, Tokyo Japan

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s