浅き春 雨水 春心 貝寄風

浅き春待つや磯辺の停留所

厳かに真白き富士の雨水かな

稽古事試してみたり春心

貝寄風や強うてかなんなわやですわ

——————————————————————————

あさきはる まつやいそべの ていりゅうじょ  

おごそかに ましろきふじの うすいかな  

けいこごと ためしてみたり はるごころ  

かいよせや つようてかなんな わやですわ  

——————————————————————————

~ on a mild early-spring day
~ poco a poco, we were waiting for the bus
~ by the shore over looking at the sea  
——————–
~ on traditional Chinese calendar
~ tomorrow is the time that trees begin to put forth their leaves
~ though, in Japan, Mt Fuji is still thick-snowcapped with solemnity  
——————–
~ when the spring comes
~ i will test the result of the training
~ for the rest of the winter  
——————–
~ Kaiyose-wind is browing in Osaka
~ believers perform a Buddhist service
~ in requital of Prince-Shotoku’s favours at Shitennoh temple  

——————————————————————————
〔難読・難解語など〕

うすい【雨水】: 中国から伝わった二十四節気の一つ。暦の上では
陰暦正月の中。新暦の二月十八日ごろ(2012年は2月19日)。  

はるごころ【春心】: 春を人に見立てていう時の、その心。
または、春の季節ののどかな人心。春意の傍題。  

かいよせ【貝寄風】: 陰暦二月二十日の前後に吹く西風。大阪の
四天王寺の聖霊会に供える造花の材料の貝を、難波の浦辺に吹きよせ
る風という。この貝は竜神から聖徳太子に捧げるものといい伝えられ
ている。  

強うてかなんなわやですわ: 大阪弁。「強くて敵わないですね、
もうたまりませんよね」ほどのニュアンスと意味。  

——————————————————————————
(17feb12)  

■ 「日本ブログ村」の人気トーナメント(俳句投稿部門)に参加しています。ぜひ応援のほどを。
■ 日本リーバの東日本大震災義援事業の拡散に協力しています。

ホームのトップへ戻る

About 池ノ内 孝    Takashi (Kou) Ikenouchi
17 characters haiku poet (俳名:秋村 [Shūson]), an actor, pure-Japanese, Tokyo Japan

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s