春の空 呼子鳥 百千鳥 紅椿

春の空うかれか行かむ雲の原

定まれば老少問はず呼子鳥

三寒にふくれてをるや百千鳥

紅椿散りて水漬くや壇ノ浦

——————————————————————————

はるのそら うかれかゆかん くものはら  

さだまれば ろうしょうとわず よぶこどり  

さんかんに ふくれておるや ももちどり  

べにつばき ちりてみづくや だんのうら  

——————————————————————————

~ in the spring sky, clouds are floating lightly
~ i feel refreshed and brighten up
~ and walk through the field with feeling the wind  
——————–
~ if the final hour has been fixed
~ every mortal could catch his ear
~ the whisper of the angel  
——————–
~ in early spring, the daily temperature alternates between cold and warm
~ when the cold days are succeed
~ birds inflate their feathers to prevent the loss of their body heat  
——————–
~ 827 years ago, the Haike was gone to ruin by Genji in Dan-no-Ura
~ they used red flags when they made war against the Genji
~ red camellia flowers are passing away constantly to the sea ever now  

——————————————————————————
〔難解語・難読語など〕

よぶこどり・よびこどり【呼子鳥】: 鳥の名。人を呼ぶような声で鳴く鳥といわれる。
かっこうの別名かとも。万葉集や古今集に掲載されているが何の鳥を称したのか
不明。こうした判別不明の鳥の名が「古今伝授」(歌法秘伝書)の中に三つあると
いう。、「稲負鳥(イナオホセドリ)」「百千鳥(モモチドリ)」とともに三鳥の一つ。  

ろうしょうふじょう〔老少不定〕: 人の命ははかないもので、老人と若者のどちらが
先に死ぬか定まっていないこと。  

ももちどり【百千鳥】: 数多くの小鳥。また、いろいろな鳥。百鳥(モモトリ)を指す
とか、 「千鳥(チドリ)」の異名であるとか、また 「鶯(ウグイス)」の異名とも。古今
伝授三鳥のうちの一つといわれる。  

——————————————————————————
(24feb12)  

■ 「日本ブログ村」の人気トーナメント(俳句投稿部門)に参加しています。ぜひ応援のほどを。
■ 日本リーバの東日本大震災義援事業の拡散に協力しています。

ホームのトップへ戻る

Advertisements

About 池ノ内 孝    Takashi (Kou) Ikenouchi
a haiku poet (俳名:秋村 [Shūson]), an actor, pure-Japanese, Tokyo Japan

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s