嘆夜

はつ花に咲きて乱れて散る花に

かこちて飲まむなげきぬる夜は

はつはなに さきてみだれて ちるはなに

かこちてのまむ なげきぬるよは


——————————————————————————

(31mar12)  

■ 「日本ブログ村」の人気トーナメント(俳句投稿部門)に参加しています。ぜひ応援のほどを。
■ 日本リーバの東日本大震災義援事業の拡散に協力しています。

ホームのトップへ戻る

Advertisements

三月尽

あっさりと大風やみて三月尽

——————————————————————————

あっさりと おおかぜやみて さんがつじん  

——————————————————————————

– big wind was blowing until a while ago
– though it is simply gone now
– today is the March-end day   

——————————————————————————
(31mar12)  

■ 「日本ブログ村」の俳句投稿部門にamebaのブログから参加しています。
■ 日本リーバの東日本大震災義援事業の拡散に協力しています。

ホームのトップへ戻る

花細し

花細し桜見つれど遠遠し

雲間に月も朧はるけく

はなぐわし さくらみつれど とほとほし

くもまにつきも おぼろはるけく


——————————————————————————

(30mar12)  

■ 「日本ブログ村」の人気トーナメント(俳句投稿部門)に参加しています。ぜひ応援のほどを。
■ 日本リーバの東日本大震災義援事業の拡散に協力しています。

ホームのトップへ戻る

春装

半襟に全き花や春よそひ

——————————————————————————

はんえりに まったきはなや はるよそい  

——————————————————————————

– a lady in kimono put the cover facing on the collar of her underwear
– there were a lot of prettily-embroidered cherry flowers on it
– Spring is the season for the joy of the heart   

——————————————————————————
(30mar12)  

■ 「日本ブログ村」の俳句投稿部門にamebaのブログから参加しています。
■ 日本リーバの東日本大震災義援事業の拡散に協力しています。

ホームのトップへ戻る

椿づくし 白

曙に月の都か藪椿

高嶺の雪に朧月あり

あけぼのに つきのみやこか やぶつばき

たかねのゆきに おぼろづきあり


—————————————————————————–
写真の椿の品種は「わびすけ(侘助)」
——————————————————————————

(29mar12)  

■ 「日本ブログ村」の人気トーナメント(俳句投稿部門)に参加しています。ぜひ応援のほどを。
■ 日本リーバの東日本大震災義援事業の拡散に協力しています。

ホームのトップへ戻る

遠雪崩

茶釜蓋ちりんと鳴りて遠雪崩

——————————————————————————

ちゃがまぶた ちりんとなりて とおなだれ  

——————————————————————————

– the tea urn was boiling and the top tinkled faintly
– there should be a sound of silence but its sound
– incongruously, i misheard the distant sound of the avalanche   

——————————————————————————
(29mar12)  

■ 「日本ブログ村」の俳句投稿部門にamebaのブログから参加しています。
■ 日本リーバの東日本大震災義援事業の拡散に協力しています。

ホームのトップへ戻る

八重椿

八重椿さえだしげみによりあへば

青葉の笛を聞きて落ちなむ

やへつばき さえだしげみに よりあへば

あをばのふえを ききておちなむ


—————————————————————————–
あおば-の-ふえ【青葉の笛】: 竜笛(りゅうてき)の名器の名。
1) 高倉天皇秘蔵の笛。初名は葉二(はふたつ)。
2) 須磨寺にある平敦盛の遺物と伝える笛。小枝(さえだ)の笛。

椿の品種は「おとめ-つばき(乙女椿)」
——————————————————————————

(28mar12)  

■ 「日本ブログ村」の人気トーナメント(俳句投稿部門)に参加しています。ぜひ応援のほどを。
■ 日本リーバの東日本大震災義援事業の拡散に協力しています。

ホームのトップへ戻る

思ひ出もいまだつぼみの桜かな

——————————————————————————

おもいでも いまだつぼみの さくらかな  

——————————————————————————

– Basho said
– he comforted his conscience by the remembering
– when he saw Sakura blossoms
– though for me, it is still buds now   

——————————————————————————

さまざまの事思ひ出す桜かな 芭蕉  

——————————————————————————
(28mar12)  

■ 「日本ブログ村」の俳句投稿部門にamebaのブログから参加しています。
■ 日本リーバの東日本大震災義援事業の拡散に協力しています。

ホームのトップへ戻る

梅が香

恋が窪充ち満ち籠もる梅が香は

花散る闇の袂にぞ滲む

こひがくぼ みちみちこもる むめがかは

はなちるやみの たもとにぞしむ


——————————————————————————

(27mar12)  

■ 「日本ブログ村」の人気トーナメント(俳句投稿部門)に参加しています。ぜひ応援のほどを。
■ 日本リーバの東日本大震災義援事業の拡散に協力しています。

ホームのトップへ戻る

苗木市

根巻きにて横っ倒しや苗木市

——————————————————————————

ねまきにて よこったおしや なえぎいち  

——————————————————————————

– every nursery-owner overturns their commercial plants
– that are nursed their roots with straw rope
– at his booth on the plant fair   

——————————————————————————
(27mar12)  

■ 「日本ブログ村」の俳句投稿部門にamebaのブログから参加しています。
■ 日本リーバの東日本大震災義援事業の拡散に協力しています。

ホームのトップへ戻る