夏の歯朶

夏の歯朶青み渡りて打ちあはば

裏あふ二葉白くるはなし

なつのしだ あをみわたりて うちあはば

うらあふふたは しらくるはなし


——————————————————————————
Young ferns are growing thickly at the shady corner.
They are swaying in the May breeze.
Every leaf is in friction each other as making advances to.
——————————————————————————

(30may12)  

「日本ブログ村」の俳句トーナメントに参加しています。応援のほど。

ホームのトップへ戻る

五月尽

海に足漬けて仕舞ふや五月尽

——————————————————————————

うみにあし つけてしまうや ごがつじん    

——————————————————————————

– little girls were playing beside the shore
– with getting their feet wet in May
– they will get their bodies wet in the month after next   

——————————————————————————
(31may12)  

「日本ブログ村」の俳句トーナメントに参加しています。応援のほど。

ホームのトップへ戻る

青嵐

綱曳くやカイトボードの青嵐

——————————————————————————

つなひくや かいとぼーどの あおあらし    

——————————————————————————

– surfers are enjoying kite-boarding
– they loves the high gale of May
– with the greatest fondness   

——————————————————————————
(30may12)  

「日本ブログ村」の俳句トーナメントに参加しています。応援のほど。

ホームのトップへ戻る

麦秋

むきむきに穂立て実りし麦秋の

空こそ美し梅雨の迫れば

むきむきに ほたてみのりし むぎあきの

そらこそうまし つゆのせまれば


——————————————————————————
It has brisk early-summer days in May.
Farmers ready for wheat harvest momentarily.
At the end of their duty, the rainy season has come.
——————————————————————————

(30may12)  

「日本ブログ村」の俳句トーナメントに参加しています。応援のほど。

ホームのトップへ戻る

赤天牛

天牛は朱炎の染むる赤備へ

牙咬む猛き口に蜜あり

かみきりは しゅえんのそむる あかぞなへ

きばかむたけき くちにみつあり


——————————————————————————
The brave does not feel sad for the separation or the double-cross.
None but he will deserve the fair eventually.
——————————————————————————

(29may12)  

「日本ブログ村」の俳句トーナメントに参加しています。応援のほど。

ホームのトップへ戻る

晶子忌

晶子忌やあまい眩暈の醒めにけり

——————————————————————————

あきこきや あまいめまいの さめにけり    

——————————————————————————

– Yosano Akiko (1878‐1942) is a famous Japanese poet
– today is her obit
– There is no man who is unimpressed by
– one of her poem, ‘Adore May’   

——————————————————————————
五月礼讃(らいさん)

五月(ごぐわつ)は好(よ)い月、花の月、
芽の月、香(か)の月、色(いろ)の月、
ポプラ、マロニエ、プラタアヌ、
つつじ、芍薬(しやくやく)、藤(ふぢ)、蘇枋(すはう)、
リラ、チユウリツプ、罌粟(けし)の月、
女の服のかろがろと
薄くなる月、恋の月、
巻冠(まきかんむり)に矢を背負ひ、
葵(あふひ)をかざす京人(きやうびと)が
馬競(うまくら)べする祭月(まつりづき)、
巴里(パリイ)の街の少女等(をとめら)が
花の祭に美(うつ)くしい
貴(あて)な女王(ぢよわう)を選ぶ月、
わたしのことを云(い)ふならば
シベリアを行(ゆ)き、独逸(ドイツ)行(ゆ)き、
君を慕うてはるばると
その巴里(パリイ)まで著(つ)いた月、
菖蒲(あやめ)の太刀(たち)と幟(のぼり)とで
去年うまれた四男(よなん)目の
アウギユストをば祝ふ月、
狭い書斎の窓ごしに
明るい空と棕櫚(しゆろ)の木が
馬来(マレエ)の島を想(おも)はせる
微風(そよかぜ)の月、青い月、
プラチナ色(いろ)の雲の月、
蜜蜂(みつばち)の月、蝶(てふ)の月、
蟻(あり)も蛾(が)となり、金糸雀(かなりや)も
卵を抱(いだ)く生(うみ)の月、
何(なに)やら物に誘(そゝ)られる
官能の月、肉の月、
ヴウヴレエ酒の、香料の、
踊(をどり)の、楽(がく)の、歌の月、
わたしを中に万物(ばんぶつ)が
堅く抱きしめ、縺(もつ)れ合ひ、
呻(うめ)き、くちづけ、汗をかく
太陽の月、青海(あをうみ)の、
森の、公園(パルク)の、噴水の、
庭の、屋前(テラス)の、離亭(ちん)の月、
やれ来た、五月(ごぐわつ)、麦藁(むぎわら)で
細い薄手(うすで)の硝杯(こつぷ)から
レモン水(すゐ)をば吸ふやうな
あまい眩暈(めまひ)を投げに来た。

(青空文庫 より)
——————————————————————————
(29may12)  

「日本ブログ村」の俳句トーナメントに参加しています。応援のほど。

ホームのトップへ戻る

鍬形虫

泪目で怒ってをるや雌くわがた

——————————————————————————

なみだめで いかってをるや めくわがた    

——————————————————————————

– I caught a female stag-beetle that took hold on a screen
– she felt ill-will for me with tear-filled eyes
– after I set her free   

——————————————————————————
(27may12)  

「日本ブログ村」の俳句トーナメントに参加しています。応援のほど。

ホームのトップへ戻る

片つ方

黄菖蒲や野中の清水ぬるむとて

野に置く身こそ彩ふものかは

きしやうぶや のなかのしみず ぬるむとて

のにおくみこそ いろふものかは


——————————————————————————
In the far distance, a yellow flag is blossoming and swaying
near the crystal stream in the breeze.
It seems particularly neat and clean to me.
It goes like that someone conceals who he/she loves.
——————————————————————————

(27may12)  

「日本ブログ村」の俳句トーナメントに参加しています。応援のほど。

ホームのトップへ戻る

夏の蝶

あかぼしはアンタレスとや夏の蝶

——————————————————————————

あかぼしは あんたれすとや なつのちょう    

——————————————————————————

– Red ring skirt is one of nonnative butterflies
– that some one let it loose in Kanagawa region
– it’s a white type female
– and drives away the natives here, too   

——————————————————————————
〔難読語・難解語など〕

アカボシゴマダラ: 鱗翅目 アゲハチョウ上科 タテハチョウ科。
白化型と赤紋斑型のものがある。中国大陸のものをなにものかが
放蝶したと考えられている。侵入生物の一。

アンタレス: (「火星の対抗者」の意のギリシア語から)夏の宵に
南天に見える蠍座さそりざの首星。中国では大火または火と称した。
極大光度1.0等の変光星。赤色巨星の代表。和名「あかぼし」。

——————————————————————————
(27may12)  

「日本ブログ村」の俳句トーナメントに参加しています。応援のほど。

ホームのトップへ戻る

素寒貧

リッシュブール・グラン・クリュなぞはなし

緑と水と天のあるかな

リッシュブール・グラン・クリュなぞはなし

みどりとみづと てんのあるかな


——————————————————————————
I don’t have ‘Richebourg Grand Cru 2007 Jean GRIVOT’
and any sumptuous dishes,
Plush, Clear water, House-top and Honorable-poverty,
Dig it.
——————————————————————————

(27may12)  

「日本ブログ村」の俳句トーナメントに参加しています。応援のほど。

ホームのトップへ戻る