翌は秋

ハワイアン踊り竟へるや翌は秋


* 写真は Aloha Yokohama 2012 に出演された
「Lena Band」とフラガールのみなさん

——————————————————————————

はわいあん おどりおえるや あすはあき    

——————————————————————————

– large-scale Hawaiian events
– ended all too soon
– this summer is also passing by   

——————————————————————————
〔難読語・難解語など〕

あすはあき【翌は秋】: 俳句では陰暦六月(水無月)の晦日のことを
「水無月尽(みなづきじん)」と呼ぶ。この「翌は秋」〔または「翌来る
秋(あすくるあき)」〕はこの水無月尽の傍題として用いられている。
本日(7/31, 2012) は陰暦では六月十三日に当たり、水無月尽にはまだ幾分
早いわけだが、新暦では夏季の最後の月の晦日 (七月の晦日)ということで、
やはり同じように水無月尽の傍題である「七月尽」と同じ意味で用いた。

——————————————————————————

(31jul12)  

ホームのトップへ戻る

素足

貝殻を波に帰して素足かな

——————————————————————————

かいがらを なみにかえして すあしかな    

——————————————————————————

– I released a shell
– with feeling the seawater
– barefoot   

——————————————————————————

(30jul12)  

ホームのトップへ戻る

游ぎ来しブイに縋りて初恋の

夏を遙かに眺め居しかな

およぎきし ぶいにすがりて はつこひの

なつをはるかに ながめゐしかな


——————————————————————————

On this certain summer day,
I swim to the offshore buoy
and rethink my once-embittered love
with throwing my arms round the buoy soddenly.
Time has passed very quickly since those days
and I become older.

——————————————————————————

(30jul12)  

ホームのトップへ戻る

蚊遣

六尺も蜷局を巻いて蚊遣かな

——————————————————————————

ろくしゃくも とぐろをまいて かやりかな    

——————————————————————————

– a mosquito-repellent incense
– that lies in a coil is burning
– by the coiled Japanese swim wear, Rokushaku ….   

——————————————————————————

(29jul12)  

ホームのトップへ戻る

日焼

腕時計外す暇なき日焼かな

——————————————————————————

うでどけい はずすひまなき ひやけかな    

——————————————————————————

– he shows off his suntan, though…
– there is the unburnt shape of his wristwatch
– on his arm sharply
– it was too good to take off his watch ….   

——————————————————————————

(28jul12)  

ホームのトップへ戻る

花火

おのおのの瞳に残る花火かな

——————————————————————————

おのおのの ひとみにのこる はなびかな    

——————————————————————————

– everyone
– views fireworks displays
– with a twinkle in his or her eyes   

——————————————————————————

(26jul12)  

ホームのトップへ戻る

浴衣

日本を着流す浜の浴衣かな

——————————————————————————

にっぽんを きながすはまの ゆかたかな    

——————————————————————————

– i was out for a walk
– in yukata
– along the shore   

——————————————————————————

(26jul12)  

ホームのトップへ戻る

百日紅

炎天の百日紅にのぼせけり

——————————————————————————

えんてんの ひゃくじつこうに のぼせけり    

——————————————————————————

– crape myrtle that has red petals
– is flowering lovely
– under the flaming summer sun   

——————————————————————————

(25jul12)  

ホームのトップへ戻る

山の井

山の井に水尋め来れば合歓の花

分けては汲まむ袖ぞ濡らして

やまのゐに みづとめくれば ねむのはな

わけてはくまむ そでぞぬらして


——————————————————————————

I come to the well for water.
The surface of the well is strewn
with flowers of silk tree.

——————————————————————————

(25jul12)  

ホームのトップへ戻る

海水浴

呑み助の海水浴や早上り

——————————————————————————

のみすけの かいすいよくや はやあがり    

——————————————————————————

– drunkards are getting
– the sea-bathing done instantly
– and give a feast by the shore   

——————————————————————————

* 写真と呑み助に関連はありません。

(24jul12)  

ホームのトップへ戻る