尻毛皮

2012113003

木曽駒や千畳敷くも尻毛皮


秋村

——————————————————————————

きそこまや せんじょうしくも しりけがわ   

——————————————————————————

– in Mt Kiso-Komagatake
– there is the wide tableland, Senjoziki
– i sat down there once
– on my small fur cushion   

——————————————————————————
〔難読語・難解語など〕

しりかわ【尻皮】:かつて山仕事や登山をする人が、尻の
下に敷くために腰に下げていた毛皮。冬期は特に雪の上に
腰掛けるのに暖かく、また滑らず重宝したものだ。腰皮(こ
しかわ)。引敷(ひっしき)。腰当(こしあて)。  

——————————————————————————

(30nov12)  

冬の石 (追善芭蕉翁)

腰掛けばほんに凍みるや冬の石


秋村

——————————————————————————

こしかけば ほんにしみるや ふゆのいわ   

——————————————————————————

– i set myself on the stone
– after a minute
– i felt the cold
– to my very bones   

——————————————————————————
〔参考〕

閑さや石にしみ入蝉の声 芭蕉

——————————————————————————

(30nov12)  

百合木黄葉

待人の来るや百合の木もみぢたる


秋村

——————————————————————————

まちびとの くるやゆりのき もみじたる   

——————————————————————————

– an expected visitor comes
– leaves of Liriodendron tulipifera
– turn vividly yellow   

——————————————————————————
〔難読語・難解語など〕

ゆりのき【百合の木】:モクレン科の落葉高木。高さ10m以上に
なる。葉は互生し、3~4裂して先端はへこむ。初夏、チューリッ
プに似た黄緑色の大形花を開く。北アメリカ原産。明治年代初頭
に渡来。秋の黄葉が見事で、東京の赤坂迎賓館前などが有名。観
賞用。街路樹用。葉の形が袢纏(はんてん)のようにも見えること
から、これに見立てて「袢纏木(はんてんぼく)」、また花の容が
蓮ににているため「蓮華木(れんげぼく)」、米国ではチューリッ
プ・ツリー(tulip tree) と呼ばれる。  

——————————————————————————

(30nov12)  

切干

切干やちぢかむ身こそ湯にひたす


秋村

——————————————————————————

きりぼしや ちじかむみこそ ゆにひたす   

——————————————————————————

– dried strips of radish
– that kinks up
– unruffles its crinkles
– in the hot water   

——————————————————————————
〔難読語・難解語など〕

きりぼし【切干】:大根・サツマイモなどを薄く切って
日に乾かすこと。また、そのもの。

——————————————————————————

(29nov12)  

霜の菊

霜降れば常葉楠菊囲ひ


秋村

——————————————————————————

しもふれば とこはくすのき きくがこい   

——————————————————————————

– it froze last night
– the late-bloomer of chrysanthemum
– is flowering under the protection of
– Japanese cinamon   

——————————————————————————
〔参考〕

事問はん人さへ稀になりにけり我世の末の程そ知らるる

後醍醐天皇

——————————————————————————

(28nov12)  

初氷

米研ぎの妹ぞあはれや初氷


秋村

——————————————————————————

こめとぎの いもぞあわれや はつごおり   

——————————————————————————

– oh, poor thing
– she is washing rice
– with freezing water
– in patience   

——————————————————————————

(28nov12)  

千鳥

月に霜浜路いそぐや小夜千鳥

いづくを閨か汐の満ちたり    秋村

つきにしも はまぢいそぐや さよちどり
いづくをねやか しほのみちたり


——————————————————————————

– plovers go at good clips
– on the shoreline
– under a full moon
– and the tide is making fast   

——————————————————————————
〔参考〕

思ひがね妹がり行けば冬の夜の川風さむみ千鳥鳴くなり 

紀貫之(『拾遺集』巻四冬、二二四)

——————————————————————————

(28nov12)  

ホームのトップへ戻る

寒き影

寒きとてわが影あるを悦びぬ


秋村

——————————————————————————

さむきとて わがかげあるを よろこびぬ   

——————————————————————————

– it grows cold by the day
– it appears that my shadow
– is chill on the ground
– though he is alive and in motion   

——————————————————————————

(27nov12)  

初冬

初冬や日暮れて襟を立てにけり


秋村

——————————————————————————

はつふゆや ひぐれてえりを たてにけり   

——————————————————————————

– daytime, it is warm
– that it is an airless sunny-day
– though at the fall of night
– we pull up our collars against the cold air   

——————————————————————————
〔難読語・難解語など〕

はつふゆ【初冬】:冬を三期、つまり「初冬」「仲冬」「晩冬」
に分けた初めの冬を言う。すなわち、立冬から大雪の前日までの
期間をいい、孟冬(もうとう)ともいう。ただし、俳句では「しょ
とう」のよみで用いられる場合はほとんどなく「はつふゆ」とし
て作られている。陰暦十月の異名であもある。気象的には東京を
中心に言うと十一月下旬から十二月初旬ごろをさす。  

——————————————————————————

(27nov12)  

山めぐり

小社の庇拝むや山めぐり


秋村

——————————————————————————

こやしろの ひさしおがむや やまめぐり   

——————————————————————————

– i was caught in a drizzling
– and took shelter in the eaves of small shrine
– and bowed to them with crapping hands   

——————————————————————————
〔難読語・難解語など〕

やまめぐり【山めぐり】:時雨のこと。

しぐれ【時雨】:初冬の候、一時、風が強まり、急にぱらぱらと
降ってはやみ、数時間で通り過ぎてゆく雨。冬の季節風が吹き始
めたときの、寒冷前線がもたらす驟雨(しゅうう)。大昔から我々
日本人の情緒に訴える雨の類型の一つで、村時雨(むらしぐれ)、
小夜時雨(さよしぐれ)、夕時雨(ゆうしぐれ)、果てには時雨心地
(しぐれごこち)、涙の時雨(なみだのしぐれ)など非常に強い情感
の伴ったものまでさまざまな傍題がある。この雨は山地によく見
られ、降雨の範囲が狭く、また短時間で降ったり止んだりするそ
の姿が、あたかもひと山ごとに移動して行くようにも見えること
から「山めぐり」という傍題もある。

——————————————————————————

(26nov12)