一休忌

眩むは遍き日かな一休忌


秋村

——————————————————————————

めくらむは あまねきひかな いっきゅうき   

——————————————————————————

– ordinary people
– are blinded by avarice
– they have hollows inside
– today is St Ikkyu’s Obit   

——————————————————————————
〔難読語・難解語など〕

いっきゅうき【一休忌】:(1394 – 1481) 室町中期の臨済宗の僧。
諱(いみな)は宗純(そうじゅん)。号狂雲。南北朝を統一した後小松
天皇の落胤ともいわれ、青年期まで室町幕府の監視を受ける。この
監視の目を眩ますため、奇矯な振る舞いをしたともいわれる。後、
諸国を遍歴。その後勅命を受け大徳寺の住職となる。詩、画、狂歌
などにすぐれ、また、伝説的な奇行の持ち主として「一休咄」や、小
説「本朝酔菩提」、戯曲「鶴千歳曾我門松」などに作られた。詩集「狂
雲集」などがある。11月21日に、京都府京田辺市薪里ノ内の報恩庵
一休寺の「開山忌」として毎年法要が行われている。因みに同所に
ある一休禅師の墓所は皇室関連墓所として宮内庁所轄となっている。  

——————————————————————————

(21nov12)  

About 池ノ内 孝    Takashi (Kou) Ikenouchi
a haiku poet (俳名:秋村 [Shūson]), an actor, pure-Japanese, Tokyo Japan

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s