雪女

2013013103

薪欠きし暮らしぞ来たれ雪女


秋村

——————————————————————————

まきかきし くらしぞきたれ ゆきおんな   

——————————————————————————

– i rub along without firings
– so i am the easiest person
– to live with you, ‘Snow woman

– we have a folk tale of
– The Snow Woman
– it would seem that
– she wears a hot pants ‘  

——————————————————————————
〔難読語・難解語など〕

ゆきおんな【雪女】:雪国の伝説で、白い着物を着て女の姿で
現れるという雪の精。雪女郎。雪娘。「深山雪中、稀に女の兒
〔かほ〕を現ず。これを雪女といふ。雪の精といふべし」天明
三年刊の『年浪草』。因みに、小泉八雲の『怪談』にある「雪
女」は、東京都調布市の伝承で、いわゆる雪国の伝承ではない。  

——————————————————————————

(31jan13)  

寒牡丹

SN3R0005

寒牡丹苞に差し入る日も強し


秋村

——————————————————————————

かんぼたん つとにさしいる ひもつよし   

——————————————————————————

– The winter-flowering peony
– is covered with a bundle of straw
– they absorbs heat of
– the sun that is strong gradually   

——————————————————————————

(31jan13)  

凍滝

2013013101

滝凍てど尖りし先の雫かな


秋村

——————————————————————————

たきいてど とがりしさきの しずくかな   

——————————————————————————

– there is a huge ice cascade
– Well, sirree, watch them!
– water drops
– from every jut   

——————————————————————————

(31jan13)  

春の隣

2013013003

庭掻けば鳥降り来たり春隣


秋村

——————————————————————————

にわかけば とりおりきたり はるとなり   

——————————————————————————

– when i raked the yard
– a bird appeared on the treetop
– he waited and saw my every action
– it seemed he could find insects
– on the ground   

——————————————————————————
〔難読語・難解語など〕

はるのとなり【春の隣】:春に近いことを空間的に隣と表現
したもの。晩冬、春の近づくのにいう。はるとなり(春隣)
とも。

例歌)清原深養父

冬ながら春のとなりの近ければ
中垣よりぞ花は散りける

『古今集』巻十九雑体、一〇二一  

——————————————————————————

(30jan13)  

寒卵

2013013002

朝めしや黄身盛り上がり寒卵


秋村

——————————————————————————

あさめしや きみもりあがり かんたまご 

(「太陽の入ってをりし寒卵」を推敲しました)  

——————————————————————————

– i opened an egg laid in winter
– then topped with the raw egg
– and Shoyu on the rice dish
– for breakfast
– the yolk is rounded on it   

——————————————————————————
〔難読語・難解語など〕

かんたまご【寒卵】:寒中に産んだ鶏の卵のこと。
この時期、雌鶏は産卵数が少なく、卵に滋養があ
って、日もちがよいとされている。寒玉子とも。  

——————————————————————————

(30jan13)  

SAKURA

youtube: LOVERS ROCREW “SAKURA”

(30jan13)  

笹鳴

2013013001

笹鳴をかそけく聴くや堅莟


秋村

——————————————————————————

ささなきを かそけくきくや かたつぼみ   

——————————————————————————

– a bushwarbler
– broke into murmur in the bush
– ‘no way, plum flowers are unblown’   

——————————————————————————
〔難読語・難解語など〕

ささなき【笹鳴】:冬のウグイスなどの小鳥が寒さや繁殖期に
至っていないため、標準的な鳴き方にはまだ及ばずに、舌鼓を
打つようにチチと鳴くこと。特にウグイスは笹原などを辿って
移動するため、笹原から聞こえて来るためにこう呼ばれている。
また小鳴(こなき)とも呼ばれる。

かそけし〔幽けし〕:かすか、ほのかだの意。

例歌)
わが宿のいささ群竹吹く風の
音のかそけきこの夕べかも

大伴家持(万葉集・四二九一)  

——————————————————————————

(30jan13)  

冬安居

2013012902

猫の仔もお外にでたや冬安居


秋村

——————————————————————————

ねこのこも おそとにでたや ふゆあんご   

——————————————————————————

– monks have performed the ascetic practices
– in the meditation hall with keeping indoor
– for three or four months in the winter
– in the meanwhile kitties are growing up   

——————————————————————————
〔難読語・難解語など〕

ふゆあんご【冬安居】:仏教語。陰暦10月16日または15日
より翌年1月15日までの三ヶ月間、それまで個々に活動し
ていた僧侶たちが一定期間一カ所に集まり、集団で室内で
仏道修行すること。この間は外出をしない。臨済宗では雪
安居(ゆきあんご)とも称し2月15日までの四ヶ月間行う。
夏安居(げあんご・なつあんご)に対していう。とうあんご、
ともいう。

 安居のもともとの目的は、草木が生え繁り、昆虫や蛇等
数多くの小動物が活動する夏の雨季、僧侶の遊行(外での
修行)での行住坐臥に巻き込んで、知らず知らずこれら生
類を無益に殺生したり、その自然な営みを壊すのを憐れみ、
またこれを避けるためこの期間外出をやめ、一カ所に定住
したことによるらしい。

——————————————————————————

(29jan13)  

2013012901

淵も瀬もあれやこれやら氷かな


秋村

——————————————————————————

ふちもせも あれやこれやら こおりかな   

——————————————————————————

– i found water
– freezing up everywhere
– around the chute   

——————————————————————————

(29jan13)  

‘The Book of Tea’_015

book of tea-ikenouchi

I. The Cup of Humanity ― 人間の器

015

Charles Lamb, a professed devotee, sounded the true note of Teaism when he wrote that the greatest pleasure he knew was to do a good action by stealth, and to have it found out by accident. For Teaism is the art of concealing beauty that you may discover it, of suggesting what you dare not reveal. It is the noble secret of laughing at yourself, calmly yet thoroughly, and is thus humour itself,–the smile of philosophy. All genuine humourists may in this sense be called tea-philosophers,–Thackeray, for instance, and of course, Shakespeare. The poets of the Decadence (when was not the world in decadence?), in their protests against materialism, have, to a certain extent, also opened the way to Teaism. Perhaps nowadays it is our demure contemplation of the Imperfect that the West and the East can meet in mutual consolation.   

015

 茶の愛飲家を自称する作家・エッセイストのチャールス・ラムは自著の中で「人知れず為す善行、そして無心の中にそれを見いだすこと、これらが大いなる喜びであることを茶は私に教えてくれました」と記しました。

 ここに「茶の湯=茶道」の真髄が語られています。すなわち、「茶の湯」とは、思いや人為を敢えて表に出さず暗示するものであり、またそうした思いや人為がこっそり仕込み隠されたものをその美の内に探り、見出だす芸術なのです。「茶の湯」とは静かな、とはいえ徹底して自嘲的な気高き自得、そう、「内証」(自分の心のうちに真理を体得すること。また、その悟り。内心の悟り)なのです。それゆえ「茶の湯」はそれ自体、「諧謔」(「人生とは真面目で真剣なものである一方、おもしろおかしい滑稽このうえないもの」と知ることから得られる達観的な考え・見地・姿勢・言動のこと)であり、その自嘲的な笑いは人生哲学が籠められた古拙な微笑み(アルカイック・スマイル)として姿を現します。

 この意味で、たとえば、小説家のウィリアム・メイクピース・サッカレー、そしてもちろん劇作家・詩人・俳優のウィリアム・シェイクスピアといった本物の風流人たちは「茶の哲人」と呼べるかもしれません。また、退廃的で虚無的・耽美・病的なデカダンス運動が(まあ、日露戦争という近代の阿鼻叫喚を知らぬ西欧では、退廃的と言っても名ばかりの観念的な世界に他ならなかったと思えますが)19世紀末に一世を風靡しました。この世紀末デカダンスの詩人たちは、近代の物質主義への抵抗の一環として、ある意味、「茶の湯」に運動の方向を求めたことがありました。

 二十世紀初頭の今日、洋の東西が互いに足りぬ点を補い合うという考えは、たぶん、まだ西洋人と東洋人がなし終えていないことをなすための冷静で慎み深い直感的認識、すなわち茶事の観想(真理・実在を他の目的のためにではなく、それ自体のために知的に眺めること。また、一つの対象に心を集中して深く観察すること。理想の様相を想起すること)のひとつでしょう。   

▼▽▼▽▼ 掲載日 ▼▽▼▽▼  

28jan2013