大待雪草

2013033102

つれもつれ大待雪の花散る


秋村

————————————————————————————————————

つれもつれ おおまちゆきの はなあかる   
(敲)
————————————————————————————————————

– snowflake’s flower stalks
– are longer and slighter
– they intertwine with each other
– with swinging their white cute flowers   

————————————————————————————————————
〔難読語・難解語など〕

おおまちゆきそう【大待雪草】:別名、鈴蘭水仙(すずらん
ずいせん)。英名、スノーフレーク。ヒガンバナ科の球根草。
地中海沿岸地方が原産で、日本では初春に花開くが、地中海
では初夏に開花する。秋に植えると翌春40センチメートルほ
どの花茎の先にスズランに似た純白色の花を五、六個つける。
葉はスイセンに似る。観賞用に栽培されていたが、現在では
野生化している。よく似た名前の「待雪草」(まつゆきそう=
スノードロップ)とは別種。

あかる〔散る/離る〕:ちりぢりになる、別々になる。

つれもつれ〔攣れ縺れ〕:ひっつれたり、もつれたり。

(前) 花散る大待草のつれもつれ   

————————————————————————————————————

(31mar13)  

一人静

2013033101

むれたてど一人静のしづかかな


秋村

————————————————————————————————————

むれたてど ひとりしずかの しずかかな   
(敲)
————————————————————————————————————

– Chloranthus japonicus
– flower quietly each other
– this here are lonely individuals
– who will resent too much billing and cooing   

————————————————————————————————————
〔難読語・難解語など〕

ひとりしずか【一人静】:センリョウ科の多年草。山野の
林下に自生する。茎は高さ約20cmほどになる。茎の上端
に楕円形の葉を四個輪生状につける。春、土から芽を出す
と、各々の茎頂に花穂を一個づつ立てて、綺麗な白色のマ
スカラブラシのような小花を密生させる。花糸が線形でよ
く目立ち清楚な花だ。吉野静(よしのしづか)、眉掃草(ま
ゆはきぐさ)。  

————————————————————————————————————

(31mar13)  

棠棣の花

2013033004

はねず咲く八重玉垣や内つ国


秋村

————————————————————————————————————

はねずさく やえたまがきや うちつくに   

————————————————————————————————————

– double-prunus japonica is blossoming
– its flower color used to use
– for Prince’s costumes
– in the country that the rice fills well   

————————————————————————————————————
〔難読語・難解語など〕

はねず【棠棣(花)/唐棣/朱華】:庭桜(ニワザクラ)とする説、
または庭梅、木蓮、柘榴という説がある、具体的には未詳の植
物の古名。

たまがきのうちつくに〔玉垣の内つ国〕:日本国の美称。美し
い垣のような山々に囲まれている国。玉垣は皇居・神社の周囲に
設ける垣で、斎垣(いがき)、瑞垣(みずがき)のこと。

はねずいろ【棠棣色/唐棣(花)色/朱華色】:オレンジがかった
薄い赤色のこと。日本書紀によると天武天皇のころの三年間(687
~690)、親王や諸王の衣装の色として定められた色。色がさめや
すいところから「移ろいやすし」に掛かる枕詞にもなっている。

思わじと言ひてしものを朱華色の
移ろひやすきわが心かも

大伴坂上郎女 (『万葉集』四-六五七)  

————————————————————————————————————

(30mar13)  

郁李の花

2013033003

君待ちし屋戸に木末の花郁李


秋村

————————————————————————————————————

きみまちし やどにこぬれの はないくり   

————————————————————————————————————

– i thought and believed at that time
– no matter how long it took
– i had to go where you waited for me
– though … Prunus japonica was blossoming   

————————————————————————————————————
〔難読語・難解語など〕

いくりのはな【郁李の花】:庭梅(にわうめ)の漢名。バラ科。
落葉低木。中国原産で、かなり古い時代に日本に移入された。
庭木・盆栽・切り花などとする。高さ1~2メートル。葉は狭卵
形。春に葉に先だって淡紅色の花を開く。果実はほぼ球形で、
夏に赤く熟し食べられ、また漢方薬として用いられるという。
小梅(こうめ)、林洲梅(りんしゅうばい)ともいう。八重咲きの
もので花の白いものは「庭桜」(にわざくら)、淡紅色のものは
紅花八重庭桜(べにばなやえにわざくら)と呼ばれる。

こぬれ〔木末〕:木の枝の先端。こずえの雅語・上代語。
「木の末(このうれ)」が変化したらしい。  

————————————————————————————————————

(30mar13)  

亀の看経

2013033002

看経の亀の背に積む散花かな


秋村

————————————————————————————————————

かんきんの かめのせにつむ さんげかな   

————————————————————————————————————

– there is an old saying
– turtles read sutras silently
– in spring pond   

————————————————————————————————————
〔難読語・難解語など〕

かめのかんきん【亀の看経】:春になると亀が経典を読むと
いう、意味不明の作り話で、【亀鳴く】という季語の傍題。
禅宗での看経とは黙読のこと(声に出して読む場合は「諷経
[ふぎん]」という)だが、普通、声に出して読む読経・誦経
(ずきょう)のことを看経と言っている。すなわち【亀鳴く】
こと。
ちなみにこの季語の語源は、藤原長清により延慶三年(1310)
頃成立した『夫木和歌抄(ふぼくわかしょう)』で撰した
藤原為家の和歌

川越のをちの田中の夕闇に
何ぞときけば亀のなくなり

に基づくという。『夫木集』からは季語が多数採用されて
いて、この意味不明の季語も、風流好きの俳人らが面白が
って春の季題として取り上げ、以後使用されている。  

————————————————————————————————————

(30mar13)  

春装

2013033001

春装にスポーツカーの無蓋かな


秋村

————————————————————————————————————

しゅんそうに すぽーつかーの むがいかな   

————————————————————————————————————

– a roadster
– run through on Route134
– the crew wore the livery of spring   

————————————————————————————————————

(30mar13)  

諸葛菜

2013032903

諸葛菜むらさきにほふ木下陰


秋村

————————————————————————————————————

しょかっさい むらさきにおう こしたかげ   

————————————————————————————————————

– Orychophragmus violaceus
– that has fresh purple flowers
– is blossoming
– under the shade of trees   

————————————————————————————————————

(29mar13)  

堅香子の花

2013032902

かたかごの羞ひ咲くや細うなじ


秋村

————————————————————————————————————

かたかごの はじらいさくや ほそうなじ   

————————————————————————————————————

– Erythronium japonicum
– is blossoming
– in obscurity blashfully   

————————————————————————————————————

(29mar13)  

物種蒔く

2013032901

ものまねびミレーの画まね種蒔けり


秋村

————————————————————————————————————

ものまねび みれーのえまね たねまけり   

————————————————————————————————————

– i casted a pinch of seed
– with impersonating
– Jean-François Millet’s ‘the Sower’   

————————————————————————————————————
〔難読語・難解語など〕

ミレー: Jean-François Millet (1814~1875) フランスの画家。
パリ郊外のバルビゾンに住み、農民の生活を描いた。作「春」
「落穂拾い」「晩鐘」「種まく人」など。

マネ:Edouard Manet (1832~1883) フランスの画家。印象
派の指導者。特にベラスケス、ゴヤらスペイン絵画の影響を受
けて、思い切りのよい筆触と豊かな色彩とが特徴。作「草上の
昼食」「オランピア」など。

モネ:Claude Monet (1840~1926) フランス印象派の代表的
画家。「印象―日の出」と題するその作が印象主義の呼称を生
んだ。同じ主題を一日の光の変化に従って描き分ける連作が特
徴。他の代表作に「ルーアン大聖堂」「睡蓮」など。

ものまねび〔物学び/物学〕:物事のまねをすること。ものまね、
人まね、さるまね。  

————————————————————————————————————

(29mar13)  

海棠

2013032804

海棠や老い耄れなれど如何にぞや


秋村

————————————————————————————————————

かいどうや おいぼれなれど いかにぞや   

————————————————————————————————————

– aronia that is also called
– ‘the sleeping flower’ is blossoming
– by your permission, can i kiss you?
– oh, sorry … C.Y.K. (=Consider yourself kissed)   

————————————————————————————————————
〔難読語・難解語など〕

かいどう【海棠】:バラ科の落葉低木で、中国原産。花木
として古く日本に渡来した。葉は長楕円形で細鋸歯がある。
春になると、長い柄のある紅色の五弁花を数個ずつ下垂す
る。果実は球形で黄赤熟する。花海棠(はなかいどう)、垂
枝海棠(すいしかいどう)とも。唐の玄宗が楊貴妃の妖艶さ
を讃えた唐書の故事から「睡れる花(ねむれるはな)」とも
呼ばれ、美人のたとえに使われる。

「海棠睡未だ足らず」
(かいどう いまだ ねむり たらず):
眠りが足りず酔いのさめきらない美人のなまめかしさを、
海棠の花にたとえたもの(「唐書(楊貴妃伝)」)。

「海棠の雨に濡れたる風情」
(かいどうの あめに ぬれたる ふぜい):
美人のうちしおれたようすをたとえていう。
「海棠の雨を帯びたる風情」とも。  

————————————————————————————————————

(28mar13)