八月尽

2013083102

海風や八月尽のしほからし


秋村

————————————————————————————————————

ウミカゼヤ ハチグワツジンノ シホカラシ    

————————————————————————————————————

– in the last day of August
– strongish breeze blew from the sea
– its scent and taste were salty   

うみかぜや はちがつじんの しおからし     

————————————————————————————————————
〔参考〕

八月尽の赤い夕日と白い月 中村草田男   

————————————————————————————————————

(31Aug13)  

秋の蚊

2013083101

秋の蚊を打てば吾が血のまだ赤し


秋村

————————————————————————————————————

アキノカヲ ウテバワガチノ マダアカシ    

————————————————————————————————————

– who likes mosquitoes?
– i clapped my hands once, i killed her
– though she ensanguined my palms
– a little with my blood   

あきのかを うてばわがちの まだあかし     

————————————————————————————————————
〔参考〕

秋の蚊の人を尋ぬる心かな 蕪村   

————————————————————————————————————

(31Aug13)  

鈴虫

2013083001

鈴虫の鳴きにけるかな吾が去れば


秋村

————————————————————————————————————

スズムシノ ナキニケルカナ アガサレバ    

————————————————————————————————————

– bell-ring crickets
– scented my esse
– stopped their stridulating
– and went all quiet   

すずむしの なきにけるかな あがされば     

————————————————————————————————————
〔参考〕

佐保山の ははその色は 薄けれど
秋は深くも なりにけるかな

古今和歌集 267 坂上是則    

————————————————————————————————————

(30Aug13)  

‘All the Things You Are’ – Joe Pass

youtube: ‘All the Things You Are’ – Joe Pass


(30Aug13)  

秋の蝶

2013082901

撥条の接吻長し秋の蝶


秋村

————————————————————————————————————

ゼンマイノ クチヅケナガシ アキノテフ    

————————————————————————————————————

– a couple of butterflies
– were sucking mineral
– on the tricklet
– with their long proboscises   

ぜんまいの くちづけながし あきのちょう     

————————————————————————————————————

(29Aug13)  

from the world 07 – ‘Cho-Jyu-Jinbutsu-Giga’ 01

cc14-1

Detached segment of caricatures of animals and humans, Scroll A :
Heian Period, 12th century (National Treasure of Japan)


鳥獣人物戯画 (Wikipedia [JP])
caricatures of animals and humans (Wikipedia [EN])

玉兎

2013082802

埜の宿に燈り持て来よ玉兎


秋村

————————————————————————————————————

ノノヤドニ アカリモテコヨ タマウサギ    

————————————————————————————————————

– i did not find tonight accommodation
– so i could not choose but sleep
– in the autumn open
– so i sent down to the moon rabit for his light
– until we got to sleep drunkenly   

ののやどに あかりもてこよ たまうさぎ     

————————————————————————————————————
〔難読語・難解語・季語など〕

たまうさぎ【玉兎】:月の中に棲むという伝説のうさぎのこと。
この伝説から月の異称にもなった。また餡を小さく丸めて求肥
でくるみ、うさぎの形に丸めて、目と耳をつけた和菓子のこと
にもいう。音読で「ぎょくと」とも。   

————————————————————————————————————

(28Aug13)  

秋暑し

2013082803

秋暑したれもだらりと串だんご


秋村

————————————————————————————————————

アキアツシ タレモダラリト クシダンゴ    

————————————————————————————————————

– at a tea stall in the garden
– i ate Kushi-Dango
– skewered rice dumplings in a sweet soy glaze
– the glaze trickled down its bamboo skewer
– to my fingers in the lingering heat of summer   

あきあつし たれもだらりと くしだんご     

————————————————————————————————————

(28Aug13)  

つくつく法師

2013082801

不浄垂れつくつく法師道の空


秋村

————————————————————————————————————

フジヤウタレ ツクツクボフシ ミチノソラ    

————————————————————————————————————

– i stole up on the Meimuna opalifera
– he sat up and bolted for the autumn sky
– with urinating on me
– from the bole   

ふじょうたれ つくつくぼうし みちのそら     

————————————————————————————————————
〔難読語・難解語・季語など〕

ふじょうせっぽう〔不浄説法〕:僧侶(または誰でも構はぬ)が
説いて聞かせるところの内容が、偏に自分の名聞を高めたり、
何らか利益を得んがため、あるいは当人の我欲を満たさんとせ
んがための説法のこと。また仏の教えからはずれた、あるいは
曲学阿世で邪法を説法すること。この句で使った不浄は、小便
のこと (笑)。
ところで、この不浄説法、現代のソリューション営業において
は、クライアント・ニーズやウォンツに適合しないコモディテ
ィを、有効なセールス上の説得スキルに基づくプレゼンテーシ
ョンによって、クロージングにもっていくAIDMAの醸成・形成
のプロセスと言い換えることもできませうか(笑)

みちのそら〔道の空〕:目的地に至る途上のこと。旅の空とも。   

————————————————————————————————————

(28Aug13)  

芋の葉

2013082701

芋の葉のハート型かな毀れども


秋村

————————————————————————————————————

イモノハノ ハートガタカナ コボレドモ    

————————————————————————————————————

– the autumn wind
– tore leaves of aroid out
– and they were crossed in each other
– though they still remain heart-shapes   

いものはの はーとがたかな こぼれども     

————————————————————————————————————
〔難読語・難解語・季語など〕

いものは【芋の葉】:芋といえどもさまざまな種類があるわけだが、
【芋の葉の露 (いものはのつゆ)】という【七夕】にかかわる季語が
あり、芋の葉の露で墨をすって字を書くと字が上手になる、という
風習がある。もちろん、恋文なのであるが…。したがって、用法上
露の溜まる「芋の葉」ということなので、大きな葉を持つ里芋の葉
を指すことになっているようだ。   

————————————————————————————————————

(27Aug13)