Mi-Ni-Shu [壬二集] 001

2014041103

花をのみ

まつらん人に

やまざとの

ゆきまの草の 春をみせばや

藤原家隆

(壬二集)

————————————————————————————————————

know-it-alls sing others praises
for the cherry flowers
that is the most beautiful
among all flowers in this world
they are eagerly waiting for the day to come
and then they lark it up under the sakura
if the men fool the intended public
i would go along with that’s OK
though the other men who are forethoughtful
know where to find the real spring
that is a tiny flower of no mark
that is the number one standard of excellence
that is blooming between melting snow blocks
at the silent valley
in the snowy county side ashake

Fujiwara no Ietaka [藤原家隆, 1158 – 1237]
aka. Mibu no Nihon [壬生二品] 、Mibu no Nii [壬生二位] )

Mi-Ni-shu (Fujiwara no Ietaka’s verses collection, 1245)

Translating by Takashi Ikenouchi

————————————————————————————————————

若草 (わかくさ) [Waka-Kusa:the young grass]

————————————————————————————————————

(February 28, 2015)  

利休忌

2015022803

仮住みの一服茶かな利休の忌


秋村

————————————————————————————————————

カリスミノ イップクチャカナ リキウノキ    

————————————————————————————————————

– educated people say
– anybody must not
– take only a cup of tea
– as for the dead
– i don’t care little for the matter
– because i think
– that the tea is a fine line
– between life and death
– February 28th is the obit of
– Sen no Rikyu [千利休]

かりすみの いっぷくちゃかな りきゅうのき    

————————————————————————————————————
〔参考〕 遺偈  

人生七十 力囲希咄
吾這寶剣 祖佛共殺
堤る我得具足の一太刀
今此時ぞ天に抛 
 
千利休  (天正19年2月25日)

——————————————————————
千利休 遺偈 (ゆいげ=辞世詩のこと) 概説:
——————————————————————
人生は七十(年) 
力囲希咄 (リーウェイシートゥー「えいやあ、とぉー」)
吾れ、這の宝剣(を以て) 
祖仏と共に(自)殺す 
提(さげ)る、我が得具足の一太刀を
今此(の)時 (ぞ)、天に抛(なげう)たん

人生七十にして身罷らん
えいやあ、とぉ!
我、この宝剣 (太刀)で失せんとす
諸仏諸尊、共にあれ!
 
親しみ馴染んだ
我が太刀の
この切っ先に
ふいと我と我が身を
抛 (なげう)つことといたそう
 
さあ、今こそ!
それっ! … 
 

——————————————————————
関連: 遺偈 ― 韓利休 (蜀国 成都、禅僧) 
—————————————————————— 
人生七十力囲希
肉痩骨枯気未微
這裡咄提王宝剣
露呈仏祖共殺機

人生は七十(年) 
力囲希 (リーウェイシー「えいやー」)
肉痩せ骨枯れるも気未だ微か
這裡(ここに) 咄 (さあ)、宝剣を提げん
仏祖と共に殺機を露呈す

人生七十にして身罷ることとしよう。
えいやー!
肉は落ち骨も枯れて、
すっかり老いさらばえた
人生末節の姿になってしまったが
「迷い」に終止符を打つ気力だけは
いくらか残っているようだ。
 
さあ、今、気力が残っている今だからこそ、
迷いを断ち切る宝剣を取り出そうではないか。
 
仏祖と共にあらん!
今を逃してはならぬ、今まさに!
 
 
————————————————————————————————————
〔観賞〕

雲のゆくやうに雲ゆく利休の忌 草深昌子   

————————————————————————————————————

(February 28, 2015)  

蓬餅

2015022802

氏神の土手の香りや蓬餅


秋村

————————————————————————————————————

ウヂガミノ ドテノカヲリヤ ヨモギモチ    

————————————————————————————————————

– i was treated Yomogi-Mochi
– (rice-flour and brayed mugwort dumplings
– filled with smashed sweet red beans )
– they said the mugwort was gathered
– at the bankside of their tutelary god’s shrine
– it’s a typical case of
– ‘local production for local consumption’
– in the traditional Japanese community

うじがみの どてのかおりや よもぎもち    

photo from : よもぎ研究所 (the mugwort laboratory) -san’s HP より 

————————————————————————————————————
〔観賞〕

雛様をなぐさめ顔の蓬餅 正岡子規   

————————————————————————————————————

(February 28, 2015)  

二月果つ

2015022801

七曜の四列揃ひて二月果つ


秋村

————————————————————————————————————

シチエウノ シレツソロヒテ ニグワツハツ    

————————————————————————————————————

– it is the last day of February
– the seven days of weeks
– on this year’s February
– were gathering well
– in four lines
– what a square it was
– 7×4=28 (ニグワツハツ) 笑

しちようの しれつそろいて にがつはつ    

————————————————————————————————————
〔観賞〕

探し物見つからぬまま二月果つ 森口慶子   

————————————————————————————————————

(February 28, 2015)  

草餅

2015022703

草餅に姉さんかぶりの笑ひ声


秋村

————————————————————————————————————

クサモチニ アネサンカブリノ ワラヒゴヱ    

————————————————————————————————————

– I hear the merry laughter
– of women who are making
– Kusa-Mochi [草餅]
– covering their heads
– with Japanese handkerchiefs

くさもちに あねさんかぶりの わらひごえ    

photo by :
特定非営利活動法人ホームひなたぼっこ (Home-Hinatabokko)-san
「ぺったん!ぺったん!餅つき!」 のHP より

————————————————————————————————————
〔観賞〕

助六のうはさあれこれ草の餅 久保田万太郎   

————————————————————————————————————

(February 27, 2015)  

ぬくし

2015022702

三条の川端ぬくし恋語り


秋村

————————————————————————————————————

サンデウノ カハバタヌクシ コヒガタリ    

————————————————————————————————————

– it becomes warmer and warmer
– couples who sit side by side
– increase more and more
– near the Sanjyo-Ohashi bridge
– on the bank of Kamo-Gawa river
– in Kyoto

さんじょうの かわばたぬくし こいがたり    

photo by : misty -san (Apr. 9, 2011)
窓辺のお花ネコ HP より

————————————————————————————————————
〔観賞〕

来馴れればわが棲むごとし墓ぬくし 岡本 眸   

————————————————————————————————————

(February 27, 2015)  

実朝忌

2015022701

大銀杏斃れて寂し実朝忌


秋村

————————————————————————————————————

オホイチヤウ タフレテサミシ サネトモキ    

————————————————————————————————————

– Jyufuku-Ji temple [寿福寺]
ー holds a memorial service
– for the soul of
– Minamoto no Sanetomo [源実朝]
– today

おおいちょう たおれてさみし さねともき    

————————————————————————————————————
〔参考〕 辞世

出でて去なば 主なき宿となりぬとも
軒端の梅よ 春を忘るな 
 
征夷大将軍 右大臣 
源実朝 辞世
 
その他:

鴨山の岩根し枕けるわれをかも 知らにと妹が待ちつつあるらむ 柿本人麻呂
つひに行く道とはかねて聞きしかど 昨日今日とは思はざりしを 在原業平

東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ 菅原道真
ねがはくははなのしたにてはるしなむ そのきさらぎのもちづきのころ 西行
ちりぬべき時知りてこそ世の中の 花も花なれ人も人なれ 細川ガラシャ
敷島の大和魂を人問わば 朝日に匂う山桜花 本居宣長

五月雨は露か涙か不如帰 我が名をあげよ雲の上まで 足利義輝
我身今消ゆとやいかにおもふへき 空よりきたり空に帰れば 北条氏政
吹きと吹く風な恨みそ花の春 紅葉も残る秋あらばこそ 北条氏政
かかる時さこそ命の惜しからめ かねて亡き身と思い知らずば 太田道灌
露と落ち露と消えにし我が身かな 浪速のことは夢のまた夢 豊臣秀吉 
筑摩江や芦間に灯すかがり火と ともに消えゆく我が身なりけり 石田三成
さらぬだに打ちぬる程も夏の夜の 別れをさそふ郭公かな お市方
夏の夜の夢路儚き後の名を 雲井にあげよ山郭公 柴田勝家
曇りなき心の月を先だてて 浮世の闇を照してぞ行 伊達政宗
限りあれば吹かねど花は散るものを こころみじかき春の山風 蒲生氏郷
名のために捨つる命は惜しからじ つひに止まらぬ浮き世と思えば 平塚為広
契りあらば六つの巷に待てしばし 遅れ先立つことはありとも 大谷吉継
あふ時はかたりつくすとおもへども 別れとなればのこる言の葉 大石主税

うつし世を神さりましし大君の みあとしたひて我はゆくなり 乃木希典
益荒男がたばさむ太刀の鞘鳴りに 幾とせ耐へし今日の初霜 三島由紀夫
散るをいとふ世にも人にもさきがけて 散るこそ花と小夜嵐 三島由紀夫

四十九年一睡夢 一期栄華一杯酒 上杉謙信
大底還他肌骨好 不塗紅粉自風流 武田信玄

松尾芭蕉 旅に病んで夢は枯野をかけ廻る*
与謝蕪村 しら梅に明くる夜ばかりとなりにけり
正岡子規 糸瓜咲て痰のつまりし仏かな*/をととひのへちまの水も取らざりき*
夏目漱石 秋立つや一巻の書の読み残し*
中勘助  どん栗の落つるばかりぞ泣くな人
高浜虚子 春の山屍を埋めて空しかり*
三橋鷹女 白露や死んでゆく日も帯締めて
石田波郷 今生は病む生なりき鳥頭
西東三鬼 春を病み松の根つこも見あきたり 
京極杞陽 さめぬなりひとたび眠りたる山は

* は辞世ではなく、最後の句

無覚の聖衆来迎 空に満つ 空也
裏を見せ表を見せて散る紅葉 良寛

もっと光を ゲーテ

これで おしまい 勝 海舟

————————————————————————————————————
〔観賞〕

庭掃除して梅椿実朝忌 星野立子   

————————————————————————————————————

(February 27, 2015)  

椿餅

2015022603

椿餅双葉遺るや皿のうへ


秋村

————————————————————————————————————

ツバキモチ フタバノコルヤ サラノウヘ    

————————————————————————————————————

– i finish up
– ‘Tsubaki-Mochi [椿餅]’
– now there is only
– a pair of leaf
– on the small dish

つばきもち ふたばのこるや さらのうえ    

椿餅 京都 鍵甚良房-san
photo by : Ogura Yume-san
きょうの「和菓子の玉手箱」

————————————————————————————————————
〔観賞〕

虚子像に供へまゐらす椿餅 上田土筆坊   

————————————————————————————————————

(February 26, 2015)  

草の餅

2015022602

大佛の御手に小さや艸の餅


秋村

————————————————————————————————————

ダイブツノ オテニチヒサヤ クサノモチ    

————————————————————————————————————

– Masaoka Shiki
– offered Kusa-Mochi [草餅]
– to Dai-Butsu [大仏]
– maybe those were
– tiny enough
– that Dai-Butsu
– could not pick up them

だいぶつの おてにちいさや くさのもち    

photo by newluke0414 -san
遥塚庵 《 ・・・ 見たい聞きたい食べ歩きたい ・・・ 》HP より
 
————————————————————————————————————
〔観賞〕

大仏に草餅あげて戻りけり 正岡子規   

————————————————————————————————————

(February 26, 2015)  

淡月

2015022601

淡月の花のまにまに漕ぎ行けり


秋村

————————————————————————————————————

タンゲツノ ハナノマニマニ コギユケリ    

————————————————————————————————————

– a pale moon
– appears
– disappears
– between
– white plum flowers

たんげつの はなのまにまに こぎゆけり    

————————————————————————————————————
〔観賞〕

―   

————————————————————————————————————

(February 26, 2015)