雷鳴陣

2016080302

定の弓慧の矢を番へ雷の陣


秋村

————————————————————————————————————

ヂヤウノユミ ヱノヤヲツガヘ ライノヂン    

————————————————————————————————————

– once upon a time
– at emperor court
– when it thundered,
– military officials of the top caliber
– who got under arms
– with bows and arrows
– gathered and guarded our Emperor
– against celestial ‘Thunderer’
– as guardian dities upon earth 
– and had held their line
– as the preparation for action boldly
– under thunderclouds
– until the god left there   

じょうのゆみ えのやをつがえ らいのじん   

photo by:@j_butsuzo -san 
美しい日本の仏像 
photo from:from:京都・三十三間堂「風神 雷神像」(鎌倉期)

————————————————————————————————————

補足:

「雷の陣 (かんなり [らい] のじん)」とは… 

夏の季語のひとつで、正式には「雷鳴陣 (かんなりのじん)」と書く。雷鳴陣とは、
醍醐天皇 (A.D.885 – A.D.930) の時代、延喜八年 (908年) 五月、清涼殿に落雷
して臣下が死んだことがあったので起ったものという。雷が三度高く鳴ると、大将
以下近衛の次将まで弓矢を帯びて紫宸殿の孫廂〔まごひさし〕に伺候して陛下をお
守りした。陣とは衛府〔えふ〕の武官が集まり、警護することをいう。

「定の弓」「慧の矢」とは…
 
「定 (じょう) の弓」とは、密教仏教で、定 (じょう=禅定:精神を集中して真理をさぐ
りもとめること。また、そのための瞑想のこと) を悪魔を払う弓にたとえていう語。
慧 (智慧) を矢にたとえていう「慧 (え) の矢」と一対で用いられる。すなわち、成仏得道
を達するに、諸悪・悪識・誘惑や諸欲に抗し勝るには、いかなる物理的な武器も役立たぬ、
すなわち精神を弓張って集中して、智慧をつがえて的 (事) に当たれよ、ほどの意。

————————————————————————————————————
〔観賞〕

松柏に嵐ふくむや雷の陣 岡本圭岳   

————————————————————————————————————

August 3, 2016   
 
 

ホームのトップへ戻る

About 池ノ内 孝    Takashi (Kou) Ikenouchi
17 characters haiku poet (俳名:秋村 [Shūson]), an actor, pure-Japanese, Tokyo Japan

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s