お知らせ ―「少年文学 こがね丸」第4回 「雪山偈」の解説を加筆しました

「少年文学 こがね丸」ご愛読のみなさまへ:

拙訳「少年文学 こがね丸

を、ご愛読いただきまして、まことにありがとうございます。
さて本日、当拙訳の第4回に加筆をいたしましたのでお知らせします。
 
第4回、こがね丸が人魂に誘われて荒寺に至り荒廃した寺の建物や寺域を眺めながら
「雪山偈 (せっせんげ)」を回想するシーンに、下記の文を挿入・加筆しました。

—————————————————————————————————————

  諸行無常(しよぎやうむじやう)
  是生滅法 (ぜしやうめつぽう)
 
| 諸行無常、
| 是れ生滅の法なり

| 此の世にある何ものも、
| またその運動も、関係性も、何もかもが常に
| 生成・変化・消滅を繰り返しているばかりで、
| そこには永遠で不変なものなどは一切ない。

| これがすなわち「生滅の法」
| (生滅は常に「無常」に帰するという根本原理・原則)
| というものである。

—————————————————————————————————————

  生滅滅己(しやうめつめつい)
  寂滅為楽(じやくめついらく)

| 生滅を滅し、しかして已 (や)む
| 寂滅をもって楽となす

| だから、此の世で、我と我が身が永遠たらん、不変たらんと欲し、
| それを求めるあらゆる思考も企ても活動も、すべて、
| ただ無常に帰するのみなのです。だからそういったいわゆる、
| 自らの中に生まれ出る煩悩の炎を滅し、
| 己も含め、あらゆるすべてが無常にあるということを照見しなさい。
| 己はもとより生きとし生けるものの生や死は
| みな例外なく無常そのものであり、
| 空であることを看破する境地に至りなさい。
| それが解脱するということであり、然すれば、あなたは
| 此の世であろうと彼の世であろうと穏やかでいられるでしょう。
| ここに至れば、この此の世と彼の世という考えや願いでさえ空であり、
| 常にあなたが求める世界が、これまでも、
| いまも、これからも、変わることなく
| あなたとともに、あったし、あるし、
| これからもずっとあることがわかるでしょう。

| もしあなたが煩悩に迷っているのであれば、
| いわゆる解脱によって覚りを開きなさい。
| 解脱を遂げれば、あなたを苦しめるすべてのことが終わりを告げ、
| その無限の繰り返しから、あなた自らのその肉体からはもとより、
| その心やその考えや、あらゆる執着から、解き放たれることでしょう。
| この解脱により顕れる、死も生もない世界が「涅槃」です。
| そこ(実はここ)は、
| あなたをこれまで、いま、そしてこれからも苦しめるであろう、
| すなわち<生成・変化・消滅>が永遠に繰り返され、
| あなたを日々悩ませ、苦しめつづける煩悩世界とは、
| あらゆる一切、すべからく、なにもかもが異なった、
| 絶対的に安静で、真の楽しみに満ちた境地なのです。

| さあ、今、解脱なさい。求めず覚りなさい。
| そして時を移さず涅槃に至り、寂滅に楽を得なさい。
 
—————————————————————————————————————

October 28, 2016 

池ノ内 孝 (秋村) 拝 
 
 

About 池ノ内 孝    Takashi (Kou) Ikenouchi
17 characters haiku poet (俳名:秋村 [Shūson]), an actor, pure-Japanese, Tokyo Japan

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s