みをさめて別れて来り行く蛍


秋村

——————————————————————————
 
ミヲサメテ ワカレテキタリ ユクホタル    
 
——————————————————————————
 
– a firefly pass from among its companions
– and took off the river side to some distance
– i have seen it faded away
– and i leave there, too   

みおさめて わかれてきたり ゆくほたる   

————————————————————————-
〔観賞〕
 
愚に暗く茨を掴む螢かな 松尾芭蕉    
 
——————————————————————————–
 
July 17, 2018   

TO:DAY|Tuesday, July 17, 2018

(平成三十年七月 [文月] 十七日 火曜日 三伏入 [初伏] )
———————————————————————————-
旧暦六月 (水無月) 五日 仏滅|戊戌/己未/庚戌|
九紫火星/九紫火星/八白土星|平/室/翼|(*節切)
夕月 (ゆふづき) |中潮|
東京:
 日の出 04時37分 : 日の入 18時57分|
 月の出 09時04分 : 月の入 22時06分|
————
夏 (5/5 ~ 8/6)|
小暑 (7/7~ 7/22) 10/24節気|
蓮始めて開く (7/12~7/17) 32/72候|
———-
三伏入 [初伏] (夏の勢いが大変盛んで秋の気を伏する期間。「暑中見舞い」の「暑中 [=三伏の候]」
にあたる [現在では立秋以降の挨拶は「残暑見舞い」とする]。 2018年の三伏は 7/17~8/16、中伏は7/27)|
———-
江戸が東京に改称された日 (1868 勅命。大政奉還、千代田城明け渡し、天皇入城により皇居化、京都
からの首都移転にあたって国家元首としての天皇の在所として「京」のつく名称に改称が必要だった)|
———-
茅舎忌 (川端茅舎 [1897-1941]。俳人)|
あじさい忌 (石原裕次郎 [1934-1987]。映画俳優。紫陽花の花好きから)|
——————————————————-
誕生花 (七月十七日) :
ハマオモト (浜万年青/浜木綿[ハマユウ]):どこか遠くへ|
ヒャクニチソウ (百日草/浦島草/ジニア):遠い友を思う|
ムギワラギク (麦藁菊/帝王貝細工/ヘリクリサム/エバーラスティング):永遠の思い出|
———————————————————-
Birth flowers – July 17 :
Crinum asiaticum:going to the distance|
Zinnia:remembering the old friend who lives far away|
Xerochrysum bracteatum (Helichrysum, golden everlasting, strawflower):eternal remembrances|

———————————————————————————-
俳誌のサロンさん:
 
今日の紹介句: かなぶんぶんボクからオレになりナナメ 武智由紀子 |
 
今日の「季語」: 汗 (あせ) | 
 
———-
 
おもしろう汗のしみたる浴衣かな 一茶 
 
———————————————————————————-
  
July 17, 2018  
 

蜘蛛の囲

ほつるれば蜘蛛は囲をよるつくろひぬ


秋村

——————————————————————————
 
ホツルレバ クモノヰヲヨル ツクロヒヌ    
 
——————————————————————————
 
– an ‘Oni-Gumo,’ [鬼蜘蛛:lit. Devil spider; Araneus ventricosus ]
– had been sedulous to make her big and rich web
– and was completed
– though, unfortunately, it blew wind
– it was pity that her web was racked by the wind
– and was badly damaged
– needless to say, she lookded dispirited
– and paled with dissapointment under the sunset view
– nonetheless, Oni-Gumo is also one of deligent spiders
– she had steadly advanced reconstruction her web again
– and restored to greatness by the next morning   

ほつるれば くものいをよる つくろいぬ   

————————————————————————-
〔観賞〕
 
鬼蜘蛛の囲を張り終へし月夜かな 小林いまよ    
 
——————————————————————————–
 
July 16, 2018   

TO:DAY|Monday, July 16, 2018

(平成三十年七月 [文月] 十六日 月曜日 海の日/[新暦]盆送り火/藪入り )
———————————————————————————-
旧暦六月 (水無月) 四日 先負|戊戌/己未/己酉|
九紫火星/九紫火星/九紫火星|満/危/張|(*節切)
夕月 (ゆふづき) |中潮|
東京:
 日の出 04時37分 : 日の入 18時57分|
 月の出 07時56分 : 月の入 21時28分|
————
夏 (5/5 ~ 8/6)|
小暑 (7/7~ 7/22) 10/24節気|
蓮始めて開く (7/12~7/17) 32/72候|
———-
Our Lady of Mount Carmel (Opt. Mem.)
カルメル山の聖母【任意】
———-
海の日 (2003 祝日法。以前7月20日であったが、7月第三月曜日に)|
閻魔縁日 (閻魔大王の縁日。毎月16日)|
———-
盆送り火 (盆 [7/14-7/16] の最終日。山から降臨していた祖先の聖霊を天界に見送る日本の伝統儀式)|
藪入り (一月十六日とともに閻魔信仰と習合して一般に行われていた習俗。この日は閻魔大王の裁可
で「地獄の釜の蓋も開き」、地獄の鬼の苛虐も亡者の呵責もお休みとなった。その昔、奉公人や嫁など
他家に仕える者が、奉公先から実家に帰ることをゆるされた日。この日の閻魔詣は十王詣と言ふ)|
閻魔賽日 (十王詣。正月16日と7月16日をこう呼び、閻魔詣をする日)
———-
駅弁が初めて販売された日 (1885 日本鉄道 [現・JR東日本]宇都宮駅で地元の旅館業・
白木屋嘉平が製造・販売)|
日本の相撲で初めて外国籍の力士が優勝した日 (1972 高見山 [米国・ハワイ州出身])|
国土交通デー (2003 国土交通省。これといった意味も根拠もなく、中央の政官でがスロ
ーガンだけ立てて制定した記念日として有名)|
奈良県の「山の日・川の日」 (2008 「海の日」は中央からの押しつけであって、海の
ない県には不適切で、ないものをおしつけるという意味で差別的である、ゆえにそれに
変わるものとして、われわれ奈良県はふるさとの山河を尊ぼうという文言上の解釈から。
因みに奈良県も当日は「海の日」でお休み 笑)
——————————————————-
誕生花 (七月十六日) :
ハナシュクシャ (花縮砂/ジンジャー):無駄なこと|
ヒオウギ (檜扇/烏扇/[種: 射干玉 [ヌバタマ]):個性美|
ハナスベリヒユ (花滑り莧/篦葉松葉牡丹/広松葉牡丹/ポーチュラカ/パースリン):いつも元気|
———————————————————-
Birth flowers – July 16 :
Hedychium (Ginger, Ginger lily):futileness, unproductiveness|
Iris domestica (Blackberry lily, Leopard flower):beauty with a personality of one’s own|
Common Purslane (Portulaca, Portulaca oleracea):fight with spirit evermore|

———————————————————————————-
俳誌のサロンさん:
 
当期の紹介句: 昼寝起少し世情は変はりしか 稲畑廣太郎|
今日の「季語」: 蛍 (ほたる) | 
 
———-
 
初螢いづくより火を点じ来し 上田五千石
 
———————————————————————————-
  
July 16, 2018  
 

寝茣蓙

寝茣蓙などなきにひとしや吾が寝相


秋村

——————————————————————————
 
ネゴザナド ナキニヒトシヤ アガネザウ    
 
——————————————————————————
 
– during summer, for napping
– Japanese people have used
– the rushen matting seat for personal use
– with that lines on the tatami room
– acting as ‘futon-matting’
– yes, it is very cool, green and clean

though it holds no meaning for me
because … i am a Protean,
sure, ever-changing man,
who tosses and turns about in his sleep/dream
from wall to wall, side to side,
right to left or up and down
in the flat tatami room   

ねござなど なきにひとしや あがねぞう   

————————————————————————-
〔観賞〕
 
鮮やかに寝茣蓙の夢の残りけり 砂田貴美子    
 
——————————————————————————–
 
July 15, 2018   

TO:DAY|Sunday, July 15, 2018

(平成三十年七月 [文月] 十五日 日曜日 [新暦]盆/中元 )
———————————————————————————-
旧暦六月 (水無月) 三日 友引|戊戌/己未/戊申|
九紫火星/九紫火星/一白水星|除/虚/星|(*節切)
三日月 (みかづき) |大潮|
東京:
 日の出 04時36分 : 日の入 18時58分|
 月の出 06時45分 : 月の入 20時46分|
————
夏 (5/5 ~ 8/6)|
小暑 (7/7~ 7/22) 10/24節気|
蓮始めて開く (7/12~7/17) 32/72候|
———-
盆 [盂蘭盆会/盂蘭盆] (我が国の伝統的な二大年間行事[盆/暮れ・正月]の一。
先祖の霊を供養する我が国の神代からの朝廷・民間の祭祀習俗に、その後移入
された仏教が長い年月をかけて習合した。月遅れ/旧暦で行う地方もある)|
 
中元 (支那の一年を三回に分けて各々のその期間の生存を祝う儀礼「三元」の一。
東洋専制主義の宗主国らしく民間でも朝貢儀礼としての贈答が行われ、帰化人やら
亡命者が故国の儀礼を懐かしんで行っていたものを、劣等感溢れる我が国の「中国
かぶれ」が真似して定着させてきたもの)|
———-
大阪港開港記念日 (1868)| 
——————————————————-
誕生花 (七月十五日) :
ナツツバキ (夏椿/沙羅):愛らしさ|
ハナタバコ (花煙草/ニコチアナ):あなたがいれば寂しくない|
ネムノキ (合歓木/合歓 [ネム/ネブ]):歓喜|
———————————————————-
Birth flowers – July 15 :
Stewartia pseudo-camellia :lovability, sweetness|
Nicotiana rustica (Aztec tobacco, wild tobacco):i miss you so much|
Albizia julibrissin (Persian silk tree):delight, exultation|

———————————————————————————-
俳誌のサロンさん:
 
今日の「季語」: 蜘蛛の囲 (くものゐ) |
 
———-
 
蜘蛛の囲やわれらよりかも新しく 中村汀女 
 
———————————————————————————-
  
July 15, 2018  
 

水無月

水無月や塩味のきいたひらきぼし


秋村

——————————————————————————
 
ミナヅキヤ エンミノキイタ ヒラキボシ    
 
——————————————————————————
 
– we enter ‘Mina-Duki [水な月]’,
– June on the lunar calendar, today
– ‘Mina-Duki’ means ‘the month of water’
– though, as the actual feeling of this month,
– ‘Baiu’ [梅雨:the rainy season] has been over
– and the scorching summer sun is blazing on our skins
– at this period of the year,
– the sprinking water evaporates and vanish instantly
– so our ordinary ancestors have construed
– ‘Mina-Duki = “the month of water”’ as meaning that
– ‘Mina-Duki [水無月] = “the month of no water”’ 
– in any way …
– when we would be blessed with the fine weather
– it is the time that we thirst for ‘something cold’
– drinking/eating large quantities
– and the man who oversteps his/her bounds
– would have the trots   

みなづきや えんみのきいた ひらきぼし   

————————————————————————-
〔観賞〕
 
水無月の須磨の緑を御らんぜよ 正岡子規    
 
——————————————————————————–
 
July 14, 2018   

TO:DAY|Saturday, July 14, 2018

(平成三十年七月 [文月] 十四日 土曜日)
———————————————————————————-
旧暦六月 (水無月) 二日 先勝|戊戌/己未/丁未|
九紫火星/九紫火星/二黒土星|建/女/柳|(*節切)
二日月 (ふつかづき) / 既朔 (きさく)|大潮|
東京:
 日の出 04時35分 : 日の入 18時58分|
 月の出 05時34分 : 月の入 19時58分|
————
夏 (5/5 ~ 8/6)|
小暑 (7/7~ 7/22) 10/24節気|
蓮始めて開く (7/12~7/17) 32/72候|
———-
Kateri Tekakwitha, V (Memorial)
聖母の土曜日【任意】
聖カミロ(レリス)司祭【任意】
———-
黒船 (米太平洋艦隊)来航の日 (1853 徳川将軍に鎖国を止め開港を求める
親書を持参したペリー提督指揮下の四杯の外輪武装太平洋艦隊が江戸湾に
来航、久里浜に上陸。江戸中、国中、てんやわんやの大騒ぎになった日)|
 
廃藩置県の日 (1871[旧暦。新暦では8/29]。1869年の徳川幕府の版籍奉還
でそれまでの藩主が藩知事を務めていたが、薩長土肥の維新功労者を中心に
した中央指名の県知事が配され、徳川遺制の払拭と明治革命中央政権による
中央集権型地方施政にとって変わった日。因みに7月14日は「フランス革命
記念日」。偶然? まあ、ということ 笑)|
 
検疫記念日 (1961 日本検疫衛生協会。
1879年の海港虎列剌(コレラ)病伝染予防規則が交付された日を記念)|
日本初の気象衛星「ひまわり1号」が射出された日 (1977 米国のケープ・ケネディ宇宙基地から)|
——————————————————-
誕生花 (七月十四日) :
ノウゼンカズラ (凌霄花/乃宇世宇加都良):名誉・栄光・名声|
ヤマユリ (山百合/鳳来寺百合):純潔・荘厳|
ワタチョロギ (綿千代呂木/ラムズイヤー):あなたに従う|
———————————————————-
Birth flowers – July 14 :
Campsis grandiflora (Chinese trumpet vine):glory, honor, good fame|
Lilium auratum (Golden rayed lily, golden rayed lily of Japan, goldband lily):
innocence, virginity, whiteness, virtue|
Stachys byzantina (lamb’s-ear):you are the boss|

———————————————————————————-
俳誌のサロンさん:
 
今日の「季語」: 寝茣蓙 (ねござ) |
 
———-
 
よこたへて老の身かろき寝茣蓙かな 野間紅蓼
 
———————————————————————————-
  
July 14, 2018  
 

黄蜀葵

でんと咲くとなりのとろゝあふひかな


秋村

——————————————————————————
 
デントサク トナリノトロゝ アフヒカナ    
 
——————————————————————————
 
– Aibika (Abelmoschus manihot)
– has the beautiful big white-yellow flower
– like being size larger than
– white ‘Mukuge [(白)木槿:Hibiscus syriacus]
– they have a commonality
– that have fallen in a day per flower   

でんとさく となりのとろゝ あおいかな   

photo by:A&F 自然生活 -san (鳥取県)
photo from:自然生活「トロロアオイ (ハナオクラ) 種子

————————————————————————-
〔観賞〕
 
歩きゐて日暮るるとろろ葵かな 森澄夫    
 
——————————————————————————–
 
July 13, 2018   

TO:DAY| Friday, July 13, 2018

(平成三十年七月 [文月] 十三日 金曜日 [新暦]盆の入/迎火 )
———————————————————————————-
旧暦六月 (水無月) 一日 赤口|戊戌/己未/丙午|
九紫火星/九紫火星/三碧木星|閉/牛/鬼|(*節切)
朔月 (さくげつ)/朔 (さく)/新月 (しんげつ)|大潮|
東京:
 日の出 04時35分 : 日の入 18時58分|
 月の出 04時26分 : 月の入 19時03分|
————
夏 (5/5 ~ 8/6)|
小暑 (7/7~ 7/22) 10/24節気|
蓮始めて開く (7/12~7/17) 32/72候|
———-
Henry (Opt. Mem.)
聖ハインリッヒ【任意】
———-
盆 [新暦] (7/13 [迎え火] – 7/15 [盂蘭盆会] – 7/16 [送り火] )|
虚空蔵縁日 (虚空蔵菩薩の縁日。毎月13日)|
———-
母体保護法 (1948 戦前の国民優生法が優生保護法に改正された日。優生保護法の
法思想・法文に優生学的な差別的色彩があったため、1996年、母体保護法として改正)|
生命尊重の日 (1984 生命尊重の日実行委員会)|
———-
艸心忌 (吉野秀雄 [1902-1967]。菴名「艸心洞」より。歌人)|
——————————————————-
誕生花 (七月十三日) :
ツクバネアサガオ (衝羽根朝顔/ペチュニア):心が安らぐ|
ハゲイトウ (葉鶏頭/雁来紅):不老不死|
ホテイアオイ (布袋葵[/草]/ウォーターヒアシンス):揺れる心|
———————————————————-
Birth flowers – July 13 :
Petunia:feel at peace|
Amaranthus tricolor
(tampala, tandaljo, tandalja bhaji, callaloo, Joseph’s coat):amrit, power to confer immortality|
Eichhornia crassipes (Common water hyacinth, water hyacinth) :vacillating heart, vacillation|

———————————————————————————-
俳誌のサロンさん:
 
今日の「季語」: 水無月 (みなづき) |
 
———-
 
水無月の日の出の早し大洗 阿波野青畝 
 
———————————————————————————-
  
July 13, 2018