春の夢

ふるさとのはるか昔の夢はるか


秋村

————————————————————————————————————
 
フルサトノ ハルカムカシノ ユメハルカ    
 
————————————————————————————————————
 
– brightly, my mother and father
– were speaking in the garden cordially
– and my grand father
– walked through the bridge speculatively
– i met a lot of warmhearted people
– in the old days’ home village town
– that i am recognizable all
– and come back to me
– in lumps in the vernal sunshine
– yes, i awaken from my spring dream now   

ふるさとの はるかむかしの ゆめはるか   

————————————————————————————————————
〔観賞〕
 
春の夢みてゐて瞼ぬれにけり 三橋鷹女   
 
————————————————————————————————————
 
February 21, 2018   

TO:DAY|Wednesday, February 21, 2018

(平成三十年二月 [如月] 二十一日 水曜日)
—————————————————————————————————————
旧暦一月 (睦月) 六日 赤口|戊戌/甲寅/甲申|
九紫火星/五黄土星/九紫火星|破/箕/昴|(*節切)
夕月|中潮|
東京:
 日の出 06時21分 : 日の入 17時28分|
 月の出 09時27分 : 月の入 22時41分|
————
春 (2/4 ~ 5/4)|
雨水 (2/19 ~ 3/5) 02/24節気|
土が潤い起る (2/19 ~ 2/23) 04/72候|
————
日刊新聞創刊の日 (1872: 東京日日新聞 [後に毎日新聞に統合])
食糧管理法公布記念日 (1942)|
国際母語の日 (1941: International Mother Language Day [UNESCO])|
大師縁日 (弘法大師の忌日。真言宗では毎月21日が月命日で縁日)|
———-
漱石の日 (1911: 国が夏目漱石の偉業に対して文学博士の肩書を贈ろう
としたが、漱石は「そんなつまらぬものはいらぬ」と、断った日 [笑])|
泰忌 (上野泰 1918-1973, 高浜虚子の六女 章子の夫)|
———————————————————
誕生花 (二月二十一日) :
アフリカキンセンカ (アフリカ金盞花/
ディモルフォセカ):誠実・変わらぬ愛|
サンシュユ (山茱萸/春黄金花/秋珊瑚):持続・耐久|
スミレ (菫/立壺菫/匂菫):誠実・小さな幸せ|
———————————————————
Birth flowers – February 21:
Dimorphotheca (Dimorphotheca sinuata, Cape marigold):truthfulness, everlasting love|
Cornus officinalis (Japanese cornel, [Japanese] cornelian cherry):endurance, permanence|
Viola mandshurica (violet):honor, loyalty, candy happiness|

—————————————————————————————————————
俳誌のサロンさん:
 
今日のnet季題: 餅草 (もちぐさ) |
 
———-
 
中辺路の餅草摘みのかぶりもの 宇佐美魚目
   
—————————————————————————————————————

February 21, 2018  
 

春立つ

その人も下駄ちぐはぐで立つて春


秋村

————————————————————————————————————
 
ソノヒトモ ゲタチグハグデ タツテハル    
 
————————————————————————————————————
 
– with the coming of spring
– we get stars in our eyes
– because we forefeel
– that if we could go out and take a walk
– in the spring county field at where
– the cute flowers start to bloom
– and young soft leaves burgeon
– it would be such a warm and exhilarating day   

そのひとも げたちぐはぐで たつてはる   

————————————————————————————————————
〔観賞〕
 
ちぐはぐの下駄から春は立ちにけり 小林一茶   
 
————————————————————————————————————
 
February 20, 2018   

TO:DAY|Tuesday, February 20, 2018

(平成三十年二月 [如月] 二十日 火曜日)
—————————————————————————————————————

旧暦一月 (睦月) 五日 大安|戊戌/甲寅/癸未|
九紫火星/五黄土星/八白土星|執/尾/胃|(*節切)
夕月|中潮|
東京:
 日の出 06時22分 : 日の入 17時28分|
 月の出 08時53分 : 月の入 21時39分|
————
春 (2/4 ~ 5/4)|
雨水 (2/19 ~ 3/5) 02/24節気|
土が潤い起る (2/19 ~ 2/23) 04/72候|
————
普通選挙の日 (1923)
歌舞伎の日 (1607: 出雲阿国が江戸で歌舞伎を披露した日)
アレルギーの日 (1941: 石坂公成博士がIgE抗体を発見した日。
財団法人日本アレルギー協会が制定)
旅券の日 (1988, 1878: 「海外旅券規則」が施行され、日本人
の越境旅行者がパスポートを携帯するようになった日。)
———-
愛媛県発足の日 (1873: 石鐵・神山両県が統合。愛媛県が置県)
多喜二忌 (小林多喜二 1903-1933)
鳴雪忌[老梅忌] (内藤鳴雪 1847-1926)
金子兜太忌日 (1919-2018, 元日銀行員、俳人)
—————————————————————————————————————
誕生花 (二月二十日) :
ナノハナ (菜の花/菜花/菜種/唐菜/胡菜/蕓薹[ウントウ]):快活|
カルミア (アメリカ石楠花):大志を抱く|
チューリップ (鬱金香) [黄]:失恋、望みのない恋|
———————————————————
Birth flowers – February 20 :
Turnip rape (Rape blossom, Celery cabbage):brightness, vivacity, lightness|
Kalmia (Calico bush, Kalmia latifoli):aspire for your wish, fly high|
Tulip [yellow]:cross in love, hopeless crush|

—————————————————————————————————————
俳誌のサロンさん:
 
今日のnet季題: 春立つ (はるたつ) |
 
———-
 
むらぎもの心に遠く春立ちぬ 大野林火
    
—————————————————————————————————————

February 20, 2018  
 

梅園

湘南の曽我も三浦も梅や園


秋村

————————————————————————————————————
 
シヤウナンノ ソガモミウラモ ウメヤソノ    
 
————————————————————————————————————
 
– in Kanagaha prefecture JAPAN, also
– there are a lot of famous plum orchards
– across the county
– at any and every orchards
– a large variety of colors’, styles’ plum flowers
– are fixing like they are going to bloom
– at a time in a couple of weeks …
– oh, well, Miura Baiwen (三浦梅園 1723-1789])
– was a Japanese famous genial philomath
– who lived in Ōita pref.,
– it is not some orchard’s name in Kanagaha ….   

しょうなんの そがもみうらも うめやその   

photo by:京都を歩くアルバム りせ -san
photo from:「梅宮大社(京都) 春の神苑 2017 咲耶池中島 茶亭 池中亭」
(*写真の茶亭は相模の国のんと違います。京都の梅宮(大社)さんのどす)

————————————————————————————————————
〔観賞〕
 
人避けてゐて挫折かな梅の園 河野多希女   
 
————————————————————————————————————
 
February 19, 2018   

TO:DAY|Monday, February 19, 2018

(平成三十年二月 [如月] 十九日 月曜日:雨水)
—————————————————————————————————————
旧暦一月 (睦月) 四日 仏滅|戊戌/甲寅/壬午|
九紫火星/五黄土星/七赤金星|定/心/婁|(*節切)
夕月|大潮|
東京:
 日の出 06時24分 : 日の入 17時27分|
 月の出 08時20分 : 月の入 20時38分|
———-
春 (2/4 ~ 5/4)|
雨水 (2/19 ~ 3/5) 02/24節気|
土が潤い起る (2/19 ~ 2/23) 04/72候|
———-
万国郵便連合加盟記念日 (1877)
———-
飄々忌 (尾崎士郎 1898-196)
—————————————————————————————————————
誕生花 (二月十九日) :
ボタンイチゲ (牡丹一花[華]/花一華/紅花翁草/アネモネ):はかない恋・真実|
キンギョソウ (金魚草/スナップドラゴン):出しゃばり、お節介|
スミレ (菫/立壺菫/匂菫):誠実・小さな幸せ| 
———————————————————
Birth flowers – February 19:
Anemone coronaria (Anemone):short-lived love, truth|
Antirrhinum majus (Snapdragon):smart-aleck, nosy parker|
Viola mandshurica (violet):honor, loyalty, candy happiness|
Cymbidium goeringii:restrained beauty|

—————————————————————————————————————
俳誌のサロンさん:
 
今日のnet季題: 梅の花 (うめのはな) |
 
———-
 
山里や井戸のはたなる梅の花 上島鬼貫
    
—————————————————————————————————————

February 19, 2018  
 

雨水〔2/19, 2018〕

wusui2017_600317_sharpen30per

————————————————————————————————————
春 [ HARU – Spring : 2/4 – 5/4 ]
——————————————————————————————
雨水 [ Wu-Sui
= the snow starts to turn into the rain. ]
 
2/19 ~ 3/5 (旧: 1/4 ~ 1/18 )
春の第二節 、初春後半。
——————————————————————————————
正月中 (八節)
 
The period of the snow starts to turn into the rain.
The deposited snow begins to melt away.
And the ground has thawed into a thick mud.
 
——————————————————————–
太陽視黄経 330 度
 
陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也(暦便覧)
 
空から降るものが雪から雨に替わる頃。
深く積もった雪も融け始める。
春一番が吹き、
九州南部からうぐいすの鳴き声が聞こえ始める。
 
季は「春」。
春の第二節気、「初春」後半。
 
——————————————————————–

次の節気は「啓蟄 (Kei-Chitsu)」。
春の第三節。中春前半、3/6 ~3/20。

————————————————————————————————————
転載・参照元:かわうそ日記
————————————————————————————————————

Feb. 19, 2018

南国忌

八景に喜撰四杯や南国忌


秋村

————————————————————————————————————
 
ハッケイニ キセンシハイヤ ナンゴクキ    
 
————————————————————————————————————
 
– February the 24th
– it is the obit of Nahoki Sanjifugo
(直木三十五, Popular literatur, 1891-1935)
– his family name of ‘nom de plume’
– has become made a figure with being used
– by the famous literary prize,
– Naoki (Sanjifugo) Award in Japan   

——————————————————————————
芸術は短く、貧乏は長し 直木三十五 (1891-1934) 
*
神奈川県横浜市金沢区富岡(金沢八景)の直木三十五の旧宅前にある文学碑の銘文。
南国忌の南国は彼の作品『南国太平記』から採られた。早稲田の英文科中退。
「文藝春秋」創刊に参加。同誌のライター、マキノ映画の製作者などもした
大阪出身の大衆小説作家。44歳で東京で没。
———-

南容三復白圭。 [論語]
白圭之玷尚可磨也斯言之玷不可為也。 [詩経]
 
わが庵は都のたつみしかぞすむ
世をうぢ山と人はいふなり   喜撰法師 [古今集983]

物言へば唇寒し秋の風 松尾芭蕉

———-
泰平の眠りをさますじょうきせん
たった四はいで夜も寝られず    落首
——————————————————————————

はっけいに きせんしはいや なんごくき   

photo by:公益財団法人 徳富蘇峰記念塩崎財団 -san
〒259-0123 神奈川県中郡二宮町二宮605 TEL: 0463-71-0266 FAX: 0463-71-0677

reference:トリップアドバイザー日本「徳富蘇峰記念館」

photo from:『相模湾沿岸地域ゆかりの名士Ⅲ(湘南編)』展
会期: 2018年1月5日(金)~12月16日(日) [平成30年年次展]
(*写真は三浦郡葉山町の一色海岸 [葉山御用邸]付近の松林)

————————————————————————————————————
〔観賞〕
 
松林に日のあまねかり南国忌 草深昌子   
 
————————————————————————————————————
 
February 18, 2018   

TO:DAY|Sunday, February 18, 2018

(平成三十年二月 [如月] 十八日 日曜日)
—————————————————————————————————————
旧暦一月 (睦月) 三日 先負|戊戌/甲寅/庚辰|
九紫火星/五黄土星/六白金星|平/房/奎|(*節切)
三日月|大潮|
東京:
 日の出 06時25分 : 日の入 17時26分|
 月の出 07時47分 : 月の入 19時39分|
———-
春 (2/4 ~ 5/4)|
立春 (2/4 ~ 2/18) 01/24節気|
魚氷にあがる (2/14 ~ 2/18) 03/72候|
———-
Quadragesima Sunday [四旬節の第一主日]
(Invocavit Sunday in Lenten [Lent])
———-
冥王星の日 (1930, 発見の日[1/23]のことをいうことも)|
エアメールの日 (1911)
インドで世界で初めて航空郵便が用いられた日|
嫌煙運動の日 (1978)
東京で「嫌煙権確立をめざす人々の会」が設立された日|
観音縁日 (観世音菩薩の縁日 [毎月18日])|
———-
かの子忌 (岡本かの子 1889-1939)|
—————————————————————————————————————
誕生花 (二月十八日) :
スズランズイセン (鈴蘭水仙/大待雪草/スノーフレーク/レウコユム):純潔・無垢な心|
キンポウゲ (金鳳花/馬の足形/毛莨):栄誉|
ホクリ (ほくり/爺婆/支那春蘭/春蘭/報歳蘭):控えめな美|
———————————————————
Birth flowers – February 18:
Leucojum aestivum (summer snowflake):innocence, pure mind|
Ranunculaceae (Buttercup):privilaege, accolade|
Cymbidium goeringii:restrained beauty|

—————————————————————————————————————
俳誌のサロンさん:
 
今日のnet季題: 鼓草 (つづみぐさ) |
 
———-
 
夕方の空の肌いろ鼓草 山西雅子
   
—————————————————————————————————————

February 18, 2018  
 

涅槃西風

病気の独りはかなし涅槃西風


秋村

————————————————————————————————————
 
ヤマヒケノ ヒトリハカナシ ネハンニシ    
 
————————————————————————————————————
 
– on the obit of Buddha
– on February the 15th
– Japanese plum-blossom time
– the cold west wind blows every year
– we call it ‘Wind from the West
– at where individuals who were emancipated
– from worldly attachments live there as ‘bodhisattvas’ each
– yes, we also call the paradise as ‘Nehan [涅槃=Nirvana]’   

やまいけの ひとりはかなし ねはんにし     

————————————————————————————————————
〔観賞〕
 
耳少し遠くなりたり涅槃西風 関 一朗   

————————————————————————————————————
 
February 17, 2018